iOS 13/iPadOS 13 のパブリックベータテスト

iOS 13/iPadOS 13について、すばらしく良くまとまっている「iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか」を読んで、たくさんのアップデートがありますが、私としては、以下のアップデートが嬉しいと思ったので、感想とともにまとめてみました。

”USBメモリーの扱いはiPadOSの特徴のようにも思われたが、実はiPhoneでも使える。Lightning端子からUSBやSDカードなどへの変換を行なえば、ちゃんとアクセスできる。Zipも扱える。Safariには「ダウンロード」機能が搭載される。使い勝手もUIもMacに非常に近い。”

iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか

USBメモリー、iPhone でもつかえるそうです。これは面白い。現在は直接繋がらないカメラとも繋げるようになるのかなども気になります。

”またiOS 13/iPadOS 13には、日本人にとって非常に大きな変更点がある。

それは、日本語入力時の「スペース」が、デフォルトで「全角」になったことだ。これまでは半角だったため、行頭のアキなどを入力する時に不自然だった。全角スペースを辞書に学習させるなどの対応策があったが、面倒だったことに変わりはない。他のプラットフォームでは全角スペースが基本だったので、これは「ようやくの方針転換」と言えそうだ。 ”

iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか

ついに、全角スペースをコピペしないで良くなるようです 笑

”では、iPadOSとしての特徴はどこにあるのだろうか?

iOS 12のiPad版とは、けっこう色々なところが変わっている。

まず、ホーム画面に並ぶアイコン数が一列増え、一画面に収まるアプリのアイコン数が最大30個 + Dock収納分になった。手元で試してみたところ、この数は11インチ版iPad ProでもiPad miniでも同じだった。”

iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか

これ、凄く嬉しい!! iPadで使いにくいと思っていたことの一つが改善されます。

”従来は「1アプリ1枠」という扱いだったため、Sprit Screenで画面を分割できても、同アプリを2つの画面で並べることができなかった。だから、「ファイルをフォルダからフォルダへドラッグ&ドロップでコピーする」「文書を2つ開き、片方を参照しながらもう一方を仕上げる」といった、PCではあたりまえのことがやりづらかった。

だが、そうした制限は「基本的に」なくなる。「ファイル」アプリを2つ並べてファイル整理をしたり、「メモ」を並べて文章を比較したりできるわけだ。前出のようにUSBメモリーなどが簡単に使えるようになったので、この要素はとてもありがたい。”

iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか

Wow!! これも凄い機能ですね。そろそろ、MacBookを家の外に持ち出さなくて良いようになると嬉しいのですが。iPad Proを最新版にするタイミングがきているのかも。

アップデートとはちょっと違いますが、、

”過去にGoogleが「有機ELを使ったPixelでGoogleマップを利用した場合、最高輝度の場合、消費電力は63%減る」との調査結果を出したことがある。これはおそらくベストケースに近い値だが、ダークモードに対応したアプリを長く使う場合には、それなりの効果があるのではないかと思われる。ちなみに、液晶では原理上、消費電力の違いはほとんど生まれない。なので、MacやiPad、iPhone X系以外のiPhoneでは、ダークモードにしても消費電力は変わらない。”

iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか

あくまでも写真リタッチや撮影の時ですが、有機ELは使いにくいと感じることがあります。ダークモードもまだちょっと苦手なんですが、積極的に使っていくべきなのかも。

他にもいろいろと新機能があるようですので、あとは「iOS 13、iPadOS 13、macOS Catalinaの進化を早速体験! 何が変わったのか」にて確認してください。実際のスクリーンショットなども掲載されています。

さて、こうなると考えないとならないのは、新しい iPhone が発売になったら買うのかどうか、、 だんだんと、2年に一回ぐらい買い換えれば良い気もしているのと、iPad Pro 2018 も持っていないので、こちらの方が「電話使わない私としてはww」良い気もしています。結局、iPhone Xs Max にあんまり満足していないのかも。SDからライカで撮影したRAWを取り込んで、Lighroom で現像は、とても使いやすいです。

[blogcard url=”https://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/1192346.html”]

Bio

シンヤB

アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。