RICOH THETA V、高精細、空間音声記録、高速データ転送なリコー・シータ

RICOH THETA V、高精細、空間音声記録、高速データ転送なリコー・シータが発売になります(九月下旬とのこと)。

スペックをみてみましたが、RICOH THETA Sから、大きい進歩です。素晴らしい。動画については、実際にテストしてからコメントしたいと思いますが、静止画に関しては、高精細、1/25000秒の超高速シャッタースピード、ISO3200への進化! とても嬉しい進歩です。撮影できる幅が大きく変わります。静止画のピクセルサイズは、RICOH THETA Sと変わらずと、画質の向上が大きく期待できる新機種。とても楽しみです。

以下、RICOH THETA Vのポイントをまとめてみました。情報は、リコー社のプレスリリースを参考にしています。

・RICOH THETA Vは、高精細な全天球イメージに

新型イメージセンサー、露出精度やホワイトバランスのアルゴリズムも一新、メインプロセッサーはクアルコム社製に

・RICOH THETA Vは、4K対応動画が可能に

3840×1920で 30fps、動画記録のファイル形式は、H.264とH.265が可能

・RICOH THETA Vは、360°空間音声記録

カメラ本体に 360°空間音声記録に対応した 4chマイクを内蔵。さらに、専用アクセサリー「3D マイクロフォン TA-1」(別売)が発売。

・RICOH THETA Vは、さらなる高速データ転送を実現、従来機種の最大約 2.5 倍

・RICOH THETA Vは、Bluetooth 、Wi-Fi デュアル通信

・RICOH THETA Vで、4K 360°ライブストリーミングが可能に

・RICOH THETA Vは、1/25000 秒で撮影可能

・RICOH THETA Vは、ISO3200 (静止画)、ISO6400 (動画)に

・RICOH THETA Vは、19GB の大容量メモリー

・RICOH THETA Vは、GoogleのStreet View mobile ready に認定、オート撮影モードが使えるように

・水中ハウジングケース(別売)で、水深 30mまでの水中撮影が可能! ハウジングケースは、RICOH THETA S、RICOH THETA SCでも使用可能

・RICOH THETA Vは、リモート再生機能が可能

カメラ内に記録した 360°の静止画、動画データを 1280×720 サイズで転送、ミラーリング再生することで、大型ディスプレイやプロジェクターなどで楽しめる

・プラグインによる機能追加(Android ベースのオペレーティングシステム!)
・機能拡張による将来的なアップデート

さらに、情報があれば、追記しょうと思っています。

恋のローテーションに休みを入れることに:iPhone写真術

(プロセス)

今日から、リコー・シータのローテーションだが、まだ一枚も撮影できてない。大学の公務が忙しいこともあるのだが、どうも、撮影のエネルギーがない感じがする。そこで、恋のローテーションに3日の休みを入れたらいいのかもしれないと、思いついた。OneCamのブログを書いているところなのだが、こちらの方が早そうなので、このノートをまずポスト。

(ロジ)

4つのカメラの恋ローテーションに3日の休みを入れると、ちょうど、15日になる。つまり、2ローテションでちょうど30日。これは、いいかもしれないと感じている。

“恋のローテーションに休みを入れることに:iPhone写真術” の続きを読む

白黒フィルムで撮影していると時間が静かになる:iPhone写真術

(プロセス)

昨日まで、ライカM6を白黒フィルムで撮影のローテンションだった。白黒フィルムに切り替わると、時間がゆっくり流れれてきた気がしたので、ノートを書こうと思う。

(ロジ)

いまの時点で気づいたことについて書いておきたい。3日のローテンションでの気づきは、なかなか興味深いのだ。

“白黒フィルムで撮影していると時間が静かになる:iPhone写真術” の続きを読む

RICOH THETAの使い方:ワークショップで聞いてみたいこと

RICOH THETAワークショップ:聞いてみたいこと 

CP+本番まで、あと30分。自分が参加者なら、シンヤBに何を聞いてみたいだろうか?と考えていた。

私なら、2つ知りたいことがある。

1つは、どのようにシータを持ち歩いているか?

もう1つは、iPhoneのホーム画面。

実は、この2つを聞かれることが多い。

CP+記念、もっともよく聞かれるその2つを、ここに公開。

RICOH THETAワークショップ:シータの持ち歩き方 

RICOH THETAのカメラケースは、私のブログのコーチで写真家でもあるものくろさんに教えてもらったドンケF900。シータの座りを良くしたいので、純正アクセサリーのソフトケース(TS-1)を切って中に入れて使っている。ストラップは、100均のベルトを二本繋いだもので、これで、たすきがけして、ジャケットの中の左脇にくるようにしている。JOBY(ジョビー)の「Gポッド ミニマグネティック」の三脚はいつもつけたままにして、グリップのように使っている。

写真の右の黒いケースが、ソフトケース(TS-1)のフリップ(カバー)とループを切って外してしまったもの

RICOH THETAワークショップ:使っているアプリ 

私は、日々、ブログ、光画、動画と4つのホーム画面に分類している。

光画は、こういう感じ。ちなみに、私は、右利き。


シンヤBによる、最新の写真ワークショップのお知らせは、こちら次回は、東京、7月30日、8月11日、12日、9月3日、大阪、8月27日(2017年)。


RICOH THETAワークショップ:使い方のまとめ

CP+(シーピープラス)2017 パシフィコ横浜 2月26日(日曜)
シンヤBワークショップ:RICOH THETA ソーシャル・ネットワークキング作法

via PressSync