Michael Kenna / マイケル・ケンナ

最初にマイケル・ケンナさんの写真を見たのは「Night Walk」という写真集だった。1992年のこと。当時住んでいたフィラデルフィアの古本屋さんで見つけ、シンプルな構図に惹かれて買うことにした。

Night Walk (夜の散歩) は、1987年に出版された、白黒で撮影された”夜”の風景の写真集である。検索してみたら、マイケルさんのところにまだ在庫があるようだった。彼らしい写真集だが、日本やアジアのイメージは含まれていない時期のもの。このイメージが後々、北海道の風景と出会うと想像すると感慨深いものがある。

当時の私は、彼の写真にはいろいろと疑問を持っていたことを思いだす。すでに美しいと思えるヨーロッパの風景が、シンプルな構図で”美化されすぎている”ように感じたのだ。

私はアメリカで映像と写真の勉強をしていて、毎日のように新しいイメージとの出会いがあったので、実は、マイケルさんの写真のことは、その後、すっかり忘れてしまっていた。

アメリカでの生活が終わり、日本に帰ってきて少し経った頃、2003年ぐらいだと思うが、写真がきっかけで知り合いになった女性がいて、その女性がマイケル・ケンナさんの作品が好きだったので見てみた。最新の本は「Japan」というものだった。シンプルな構図が日本の風景と上手くマッチしていて、良い写真集だった。見ていて、なんだか気になることがあった。前にも見たことがあるような気がしたのだ。

家に帰り本棚の本を何冊か見ていると「Night Walk」がでてきた。(つづく)

Bio

シンヤB

アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。