サプリやレンズや革製品の湿気対策の一案

なんだか、今年は、ずーっとジメジメしてませんか? 湿気すぎてる気がするんです。そうなると、心配になるのは(私の場合は)、ドイツ製のレンズ、アメリカ製のサプリ、そして、宝塚製の革製品。

レンズ用に使っていたものがあったのですが、サプリと革製品にも拡張したので、ブログを書くことにしました。それと、この機材は、出張などにも有効です、特に、亜熱帯地方に向かう時など。

“サプリやレンズや革製品の湿気対策の一案” の続きを読む

iPhone、JPEG/RAWで困ったら:iPhone写真術

ライカTL2などで、白黒モードにてJPEG/RAW (DNG)で撮影し、ライトニング用のアダプターを使いSDカードから直接iPhoneにファイルをコピーして、白黒になっているJPEGファイルをSnapseedで開く方法。

ProCameraというアプリが必要となる(有料)。

2017年9月27日現在、JPEG/RAWを開こうとすると、Snapseedでは拡張子がJPEGと表示されるが、RAWを開く。LightroomはRAWと表示するが、JPEGを開く。Instaflash Proは、RAWに対応していないので、JPEGを開く。

“iPhone、JPEG/RAWで困ったら:iPhone写真術” の続きを読む

やっとライカの時間がやってきた:iPhone写真術

カメラ恋のローテーションだが、リコー・シータ新型、RICOH THETA V が発表、発売になったり。iPhone 8 Plus が届いたりと、ローテーションがキープできなくなっていた。RICOH THETA V は、高速シャッタースピードを使った HDR 撮影もひと段落したし、iPhone 8 Plus には、進化したカメラが搭載されていることも確認できたうえ、さらにテストを続けるには、ProCamera が iPhone 8 Plus にフル対応しないとだめとなり、隙間ができたのだった。

やっとライカTL2で撮影できる時間ができた。これは嬉しい。ProCamera が iPhone 8 Plus にフル対応するまでは、 ライカで撮影しょうかと思っている。

さて、ライカTL2 だか、いくつか気になっていることがある。

“やっとライカの時間がやってきた:iPhone写真術” の続きを読む

iPhone 8 Plusを使い始めて、24時間経った:iPhone 写真術

iPhone 8 Plusを使い始めてから、24時間経ったので、iPhone写真術的ファースト・インプレションを書いておきたい。

最初は、カメラのことが気になっていたが、だんだんとディスプレイの綺麗さに惹かれていった。True Tone、綺麗なのだ。

美しいものは、さらに美しく、色かぶりは、リアルに色かぶりがわかるように。そして、いままでに増して、色かぶりが気になるようになった。

これは、iPhone写真術としては、願ったり叶ったりなのでは?

“iPhone 8 Plusを使い始めて、24時間経った:iPhone 写真術” の続きを読む

Gutenbergのテストをしています

週末におこわれた、WordCamp Tokyo 2017でのコントリビュータズ・デイにて、Codexとプラグインの翻訳作業をしたのですが、その際、Gutenbergのプラグインのコンテンツを少し翻訳したので、翻訳作業を続ける意味でも、Gutenbergのテストをはじめました。Good Habitsに登録して、毎日、ちょっとづつテストしています。
“Gutenbergのテストをしています” の続きを読む

iOS11、iPhoneの新しい画像フォーマットHEIF (ヒーフ) について:iPhone写真術

今日は、HEIFデビューのめでたい日なので、iPhoneのiOS11から実装された、新しい画像フォーマットであるHEIF(ヒーフ)について書いてみたい。

HEIFだが、JPEGとGIFの代わりとなることが期待されている新しいフォーマットである。Web上の画像も、新しく発売されるカメラもHEIFになってしまう可能性があるほどのものだ。

ちなみに、JPEGは、1992年にできたフォーマット。さすがに古く(25年!)、新しくなることが期待されていたが、いままでいろいろな理由からできなかった。

つまり、今日(2017年9月20日)は、写真画像フォーマットがやっと新しくなった記念すべき日なのである。

ポイントをまとめてみた。

“iOS11、iPhoneの新しい画像フォーマットHEIF (ヒーフ) について:iPhone写真術” の続きを読む

新しいセンサー、新しいチップ、癖に慣れるまで難しい:iPhone写真術

iPhone 8だが、カメラのセンサーが「早く」なった。これは、つまり「感度」が上がるということ。iPhone 7のISO感度は、25で、この「遅さ」が弱点の1つだった。

感度が上がると、手ブレしにくくなったりと良い面も多くあるが、悪い面も考えられる。感度が上がると光量が明る過ぎるハイライトは、さらに明るくなることになり、処理を持て余す可能性が考えられるし、さらにノイズがのってしまう可能性も考えられる。

“新しいセンサー、新しいチップ、癖に慣れるまで難しい:iPhone写真術” の続きを読む

ProCameraがP3に対応したので、iPhoneのカラープロファイルの情報をまとめてみた:iPhone写真術

iPhoneのカラープロファイルについて、純正カメラアプリ、スクリーンショット、OneCam、ProCamera、Snapseed、Instaflash Pro、Theta+など

簡単にすませるつもりだったが、使っているアプリ全般の情報を知りたくなったので、全てチェックしてみた。

TIFFとかP3はなに?と思っている人に補足しておくと。P3は、iPhone 7から採用になったカラースペースで、従来のsRGBよりも25%広域の色表現が可能になった。ファイルフォーマットは、JPEGが非可逆圧縮(圧縮すると元にもどせない)で、PNGが可逆圧縮(圧縮しても元にもどせる)で、TIFFは非圧縮である。

“ProCameraがP3に対応したので、iPhoneのカラープロファイルの情報をまとめてみた:iPhone写真術” の続きを読む

iPhoneの買い方:iPhone写真術

(ロジ)

先日の、カメラで買うなら、iPhone Xか、iPhone 8 Plusか:iPhone 写真術のながれで、iPhoneはどうやって買うのかと質問されたので、ブログをかいてみることにした。

(プロセス)

考えてみるとiPhoneの入手方法は、いろいろあるので、まとめておくとよい情報になりそうと思った。これは、もしかしたら、かなり長い文章になるのかもしれない。さて、書いてみよう。

“iPhoneの買い方:iPhone写真術” の続きを読む