シンヤB プロフィール

アーティスト、教育者

1967年、東京生まれ。20代は、報道の仕事に従事。1992年に渡米し、「タイラー・スクール・オブ・アート」からマスター・オブ・ファイン・アーツ・イン・フォトグラフィを授与される。

帰国後は、自らの写真作品だけでなく、様々なアーティスト、音楽家、ダンサーなどとコラボレーションをおこない、2011年に、テンプル大学アート学科上級准教授に任命された。

近年の個人展覧会として、iPhoneで撮影した写真展「Our World」(2011年)、RICOH THETAで撮影した写真展「AFTERWARDS, me」(2013年)があり、2015年に出版された「RICOH THETA パーフェクトガイド」(インプレス)にて「魅せるTHETA画像レタッチ術」の章を担当。

2016年には、「リコーイメージングスクエア新宿特別企画『360°の世界』展」で作品が展示されただけでなく、展覧会のプリンティングディレクターも務め、シンヤBの作品は、その後、ドイツの「フォトキナ 2016」、アメリカの「CES 2017」などを巡回した。2017年には、「CP+ 2017」にて、写真ワークショップもおこなう。

Pocket