iPhone写真術ワークショップ12月の開催:iPhone写真術

7月から月一回で開催しているiPhone写真術ワークショップ、12月の開催は、12月17日(日)です。

「写真の技術を身につけ、ブログの価値をグッとあげる」チャンス。

写真家・教育者・写真界エバンジェリスト「シンヤB」と、写真家・ウェブコーチ「ものくろ」がタッグを組んだ、写真を自分のものにするための8時間。

日本ワインが追いかけてくる

最近、ふとしたきっかけで、近所の居酒屋に行った。気になっていた店だが、禁煙ではなくて、敷居が高かった店。値段も安く、つまみのクォリティも高い。隣の人がタバコさえ吸ってなければ最高な店だ。

メニューに350円の赤ワインがあったので、注文してみたら、マルスの一升瓶 赤ワインだった。

“日本ワインが追いかけてくる” の続きを読む

ProCameraアプリがiPhone 8 Plusに対応:iPhone写真術

ProCameraアプリがv11にアップデートされた。待ちに待っていた更新だ。今日から、iPhone写真術ライフが、より楽しくなる。

アップデートの内容:

“ProCameraアプリがiPhone 8 Plusに対応:iPhone写真術” の続きを読む

アルケミスト: 好きなものには名前を

あなたは、もし未来は決まっていると言われたら、どう思うだろうか?

私は、教え子から人生相談されると、「未来は、決まっていると思うか?」とたずねてしまうことがある。

「決まってはいない」と答えが返ってくる。だから悩んでいるんじゃないかと、不満げな表情。

気持ちは分かる。私も長いあいだ、そう思っていた。

そして、私は、こう答えることにしている。

「これは、私の秘密だが。私は、未来は決まっていると思っている。だから、私は、自分の信じる道を歩くことにした。」

私は、この自分の秘密に、 パウロ・コエーリョの「アルケミスト」という本を通して気づいた。面白い本で、惹かれていたのだが、何に惹かれているのかが分からない本だった。気になったので何度か読んでみた。

マクトゥ ーブという言葉がでてくる。

「それは書かれている」というような意味だと説明されている言葉。

何度読んでも、私は、この言葉の意味が分からなかった。

そして、何年も経って、私が、人生の悩みを親友に相談しているときに、不思議なことが起こった。

親友が、こう言ったのだ。

「心配しなくていいんじゃない。未来は、変わらないんだから」

はっとした。すぐに、アルケミストのことを思い出した。あの本は、そのことについて語っていたのだ。

未来は変わらない、「それは書かれている」ようなものなのだから。

未来が変わらないとしたら、ここで、立ち止まるべきか? それとも、未来への第一歩を踏み出すべなのか?

また何年かして、別の親友が、「どうせ全部うまく行くし」と、口癖のように言いだした。面白いこと言いだしたなーと聞いていたのだが、あるとき、「未来は変わらない」と同じことを言っているのだと気づいた。

それは、書かれているようなものなのだから。

きっとうまくいく。

via PressSync

バラ入りの人生、幸せのロジック

あなたは
バラ色の人生を望んでいるのだろうか?

色を望んでいるなら
それは、隣の芝の色

よりバラ色に見えている

私たちの人生は
バラ色というより、バラ入り

バラ入りは、色々で楽しい

海の音も入ってる

居酒屋の葛藤も入ってる

寒い日も入ってる

暖かい日も入ってる

もちろん、赤ワインも

A post shared by Shinya B (@shinyabw) on

via PressSync

ライカ、50mmの快感: Leica TL2

ライカTL2の撮影、28mmに慣れてきたので、50mmに切り替えた。50mmの線は、気持ちが良い。私にとって、リアルな線だ。困るのは、50mmで撮っていると、フルサイズのセンサーが欲しいと思うこと。早く、TLのフルサイズでないかな♪

“ライカ、50mmの快感: Leica TL2” の続きを読む

山梨ワイン・ヌーボー:好きなものには名前を

デラウェアの今年のヌーボーがやってきた。フレッシュな作りたてのワインを飲めることは、この季節ならではのこと。甲州とMBA(マスカット・ベーリー・A)には解禁日があるので、もう少し待たなければならない。11月3日だ。

“山梨ワイン・ヌーボー:好きなものには名前を” の続きを読む

額とマットの色:好きなことには名前を

10月23日からの選抜卒業生と教員の展覧会の額装が始まった。普段は、材料を世界堂で発注して、自分で組み立てるスタイルだが、時間的な制約もあり、今回は、組み立てもお願いしている。しかし、自分の作品は自分ですることになりそう。私のは発注はできるが、組み立ては、自分でと言われたので(実は、いつも、そう言われる)。

額だが、ちょっと不思議と思っていることがあるので、記しておきたい。特別の理由がない限り、額の色は、白、木目、シルバー、黒である。額に色がついていると、作品の色に影響を与える可能性があるからだ。意図的に、なにかしらの効果を狙うのであれば、それは、特別な理由と考えていいだろう。

“額とマットの色:好きなことには名前を” の続きを読む

栄養学の勉強をしてきた:好きなものには名前を

ビタミンアカデミーのセミナーで、栄養学の勉強をしてきた。糖に関する内容。実は、同じレクチャーを2回受けているのだが、もともとの知識がないこともあり、難しいトピックと感じている。いろいろな知識が、頭の中でうまく繋がってくれないのだ。復習となるよう、すこし繋げる努力をしてみたい。

“栄養学の勉強をしてきた:好きなものには名前を” の続きを読む