ブログ写真のオプティマイズ その2

昨日からの続きで、ブログ写真のオプティマイズをしていた。さらにいくつかのオプティマイズ用のプラグインを見つけ、どれがいいのだろうかと比較と検討。

このブログのイメージサイズは、なんとなくだったので、いくつかのイメージサイズの検討をし、Simple Image Size プラグインをインスールして、設定を反映させようとしたら、function.php にも書き込まなければいけないことが分かる。

ローカルに開発環境をインストール。サーバーから WordPress のデータベースをインポートした。

続きはまた明日。

ブログ写真のオプティマイズ

今日は暗室日。私は、月に3~4日、暗室日とカレンダーに書き込んで用事を入れない日を作っている。暗室日とは、それまでに撮り溜めた写真を整理したり現像したりプリントしたりする日だが、この1週間ほど、iPhone Xs Max のカメラの検証と自分のブログの作業をしているので、今日は、その周辺について作業することにした。

したいと思っていた作業の中に、ブログで使っている写真データのオプティマイズ (最適化) がある。いままで、下の写真のように AMP を使い Instagram からデータをひっぱってきて表示していたが、本格的に Gutenberg (WordPress 5.0) でブログを毎日書くようになったら、写真以外のグラフィックデータを使う必要もでてきて、いまのうちに、いろいろと見直したほうがいいのではないかと思いはじめていた。

AMP を使った Instagram の表示例

iPhone 用の Adobe Bridge を探してみる

MacBook Pro で使っている Adobe Bridge というアプリが iPhone 上で動けば複数のファイルを一括で変換し書き出せるのだが、残念ながら iPhone では動かない。代わりになる iOS アプリを探してみる。

  1. 複数の写真/画像をまとめてリサイズ-一括変換アプリ
    • 圧縮率を変えることができない
  2. TinyPhoto: Convert Resize Crop
    • 低圧縮にするとサイズは小さくなるが画質が悪い
  3. Image Size
    • 低圧縮にしてもファイルサイズが小さくならない
  4. Photo Compress – Shrink Pics
    • HEIF は、JPEGに変換されない

ということで使えそうなアプリは見つからなかった。

WordPress のプラグインで写真データのオプティマイズ (最適化)はどうだろうか ?

WordPress のプラグインで写真データのオプティマイズ (最適化) ができないか調べることにした。

  1. WP Smush Pro
    • これ良さそう。アップロードする際にオプティマイズしてくれる。問題は PRO に アップグレードすると月49ドルかかる。
  2. EWWW Image Optimizer
    • こちらも良さそう。こちらも、アップロードする際にオプティマイズしてくれる。

それと、Lazy Load も入れると、私のブログには良さそうなので、明日さらにテストをすることにする。

Snow Monkey Blocks を自分のテーマに合うように余白調整してみた

WordPress のプラグイン Snow Monkey Blocks (Gutenberg 用のカスタムブロック集) だが、Snow Monkey テーマに最適に調整されているので、Snow Monkey ではないテーマを使っていると余白が整わない可能性がある。

余白を調整したい場合は、自分で CSS を追加しなければならない。以下の例は、Balloon ブロックを margin を使い、ブロックの下の部分の余白を指定することで、余白が生まれるようにしているもの。

.wp-block-snow-monkey-blocks-balloon {
  	margin: 0 0 +2em 0;
}

Snow Monkey Blocks Baloon ブロックの改行

Balloon ブロックだが、英語の単語が単語の途中で改行されてしまう問題が起こったので以下の CSS を追加して対応してみた。この件は、キタジマさんに連絡してあるので、次のアップデートで直るのではと予想している。

.smb-balloon__body {
  	word-break: normal;
}
追記 (2018/10/08): キタジマさんからこの件でメッセージをいただきました。ありがとうございます。

overflow-wrap: break-word; (word-wrap: break-word;) に変更を考えているとのことでした。テストしたところ、このワタシガミルモノでは、overflow-wrap が Balloon ブロックには効かなかったので、とりあえずは word-break で対応を続けます。Snow Monkey Blocks がアップデートされたら、この件を再考したいと思います。iPhone などの英単語が途中で改行されてしまうのを防ぎたいので、overflow-wrap が効いたとしても normal に指定する必要がありそうです。

Snow Monkey Blocks のクラス名一覧表

CSS を追加する際に書き出す必要があったので、リファレンスにもなるように Snow Monkey Blocks のクラスの一覧表を作ってみた。

Block 名クラス名
共通ブロック
Stepwp-block-snow-monkey-blocks-btn.wp-block-snow-monkey-blocks-step
Ballonwp-block-snow-monkey-blocks-balloon
Button boxwp-block-snow-monkey-blocks-btn-box
Icon listwp-block-snow-monkey-blocks-list
Alertwp-block-snow-monkey-blocks-alert
Buttonwp-block-snow-monkey-blocks-btn
Boxwp-block-snow-monkey-blocks-box
Pricing tablewp-block-snow-monkey-blocks-pricing-table
Rating boxwp-block-snow-monkey-blocks-rating-box
FAQwp-block-snow-monkey-blocks-faq
Testimonialwp-block-snow-monkey-blocks-testimonial
セクション
Sectionwp-block-snow-monkey-blocks-section
Section (with image)wp-block-snow-monkey-blocks-section-with-image
Section (with background image)wp-block-snow-monkey-blocks-section-with-bgimage
Section (with items)wp-block-snow-monkey-blocks-section-with-items

Snow Monkey の Gutenberg プラグインを試してみたで、どのようなブロックがあるのか見ることができます。Snow Monkey Blocks は以下のデポジトリィにあります。

Snow Monkey Blocks

iPhone 写真術 入門

南青山 Gallery 晴れでの シンヤB写真ワークショップ。iPhone 写真術入門の内容をプリントして配ろうか、ブログにしょうかと考え、ブログにすることにした。

iPhone 写真術 入門 撮影編

iPhone について

推奨 iPhone は、HEIF で撮影ができる機種、7、8、X、Xs である。

背景をぼかす効果 (被写界深度エフェクト) を生み出せる「ポートレートモード」は、7 Plus、8 Plus、X、Xs、デュアルカメラが搭載されている機種でしか使えない。それ以外の機種では「ポートレート」と同じような効果を AfterFocus などのアプリで再現することは可能である。

iPhone の機種による画質の違いを考える上でのヒントを書いておくきたい。

iPhone のカメラに使われているセンサーは、iPhone 7 > iPhone 8・X > iPhone Xs と進化している。7より8・Xの方が、XよりXsの方が進化したセンサーが搭載されている。センサーが進化しているのだから画質も向上していると考えて問題ないが、しかし、ここで注意してもらいたいのが、センサーの進化は純正カメラアプリと iOS の進化と共に進んでいるということ。

純正カメラアプリと iOSの進化は、デザインが大きく変わったりするわけではないからなかなか分かりにくいが、iOS 10 から iOS 12 の間では、凄く大きい変化があった。Apple が進める、コンピューティングなスマート写真は、センサー+カメラアプリ+iOSがセットで完成される。

沢山のカメラアプリが存在するが、最新のセンサーには、最新の純正カメラアプリと最新のiOSを一緒に使うことでフルの性能が発揮されるのだということを覚えておいてもらいたい。もし純正以外のアプリを使って画質が良くないと感じる場合は、そのカメラアプリが Apple  のコンピューティングを駆使したスマート写真についていけていないということなのである。

RAW が気になっている人もいると思うので書いておくと。RAW で記録したいのであれば、Halide Camera に搭載されているスマートRAW 記録がお勧めだ。現時点では、階調は「スマートHDR」の方が有利、ディテール (細部) は「スマートRAW」の方が有利と考られる。(スマートRAW記録が「必要」になるのは、iPhone Xs と iPhone Xs Max である、これについては次の機会に)

Lさん

iPhone Xs の画質、不思議な感じですね。

シンヤB

iPhone Xs ですが、だいぶ状況が分かってきました。いまから考えると iPhone 8 の時からそうだったし気づけても良かったんですが、よく分かっていませんでした。iPhone の場合、レンズ + センサー + キャプチャー機能 (ブラケット&マスク撮影) + ポストプロセシング + HEIF記録が完全にセットになっているんです。

つまり、これらのどれか一つでも足りないと画質が担保されません。そして、キャプチャー機能とポストプロセシングに凄いインベストメントがされていると感じます。言ってみれば、何も考えずそのまま使うのが一番の機械です。時間がかかりましたが、だいたいの仕組みが分かったので、ここからは楽しめると思います。

ポストプロセシングですが、凄い力技なので、ちょっと不自然というかかかりすぎな感じもしますが、アップーデートにより向上していくのではないかと思います。背面だけでなくフロントカメラもポストプロセシングが効いてます。

まず最初に覚えたいのは、純正のカメラアプリの使い方である。まずは以下の機能を理解することが鍵となる。

iPhone カメラアプリの使い方

  • シャッターの切り方: 1. シャッターボタンをタップ、2. ボリュームキー (本体側面の音量調整ボタン)を押す、3. 別売りのリモートシャッターを使う
  • バーストモード: シャッターボタンを長押しすると連写する
  • フラッシュ: 自動、オン、オフから選択できる
  • 有効・無効の両方同時記録を選択できる / HDR は露出ブラケット撮影の素材合成し階調を向上させる機能
  • 1.5 秒ずつの映像を記録、動きも音も録画され、後から写真を選ぶことができる
  • セルフタイマー: オフ、3秒、10秒から選択できる
  • フィルター: 効果を追加できる / HEIF で撮影されていれば、画質はそのままで、後からも変更できる
  • ポートレイトモード: 二つのレンズを使いマスク情報を記録することで被写界深度の効果を足す機能
  • パノラマモード: パノラマ撮影をする機能
  • スクェアモード: 正方形で撮影する機能
  • タップでフォーカスと露出: 画面上をタップするとその場所を元にフォーカスと露出が設定される / 長押しすると「AE/FEロック」され、指を上下に動かすことで、明るくしたり暗くしたりできる

カメラアプリで、最も注意しなければならないのは、手ブレである。

手ブレを回避するコツ

  • カメラが動かない (移動) しないようにする
  • シャッターボタンの押し方に気をつける
  • 撮り終わるまで動かさない

iPhone 写真術、露出のコツ

明るい写真は、最も明るい部分に露出を合わせる。暗い写真は、最も暗い部分に露出を合わせる。

撮影 構図

  • 日の丸構図 vs 3分割の法則 (グリッドを活用する)
  • 見下ろす、平行、見上げる (レンズの位置を意識し活用する)
  • 目的、気分、雰囲気 (自分の状態を意識し繁栄する)

レタッチの一歩

明るさ コントラスト

色合い 色の濃さ

雰囲気(気持ち)フィルター

Snapseed

カメラアプリは3種類

  • 純正カメラアプリ
  • 純正カメラアプリでは出来ない機能を提供するアプリ — シャッタースピードやISOの設定、30秒のセルフタイマー、シャッター音を消すなど
  • 純正カメラアプリでは撮影できないフォーマットの記録を可能にするアプリ— RAW、TIFF 撮影

構図法のおさらい

  • 日の丸構図 vs 3分割の法則
  • 見下ろす、平行、見上げる
  • 目的、気分、雰囲気

“綺麗”に写すための条件

  • ブレていない
  • ピントが合っている
  • 綺麗な露出

技術的なことについて

  • 手ブレをしないためには
  • ピントを合わせるためには
  • 露出を合わせるためには

iPhone 写真術 基礎 テーマの考え方

テーマの進め方は3種類

  • 何も決めない
  • 何かを限定する、特定する
  • ルールを作る、ROE (Rule of Engagement) — 交戦規則、活動規則

バリエーションの作り方

  • 構図を深める方法
  • クリティカル・シンキング
  • テスト撮影 — トライ&エラー

他に考慮する事項として

  • いつもカメラを持ち歩くべきか
  • SNSでシェアするべきか、どう発表していくべきか
  • 好きな写真家を見つけ研究する

10月の写真術ワークショップがスタート

9月から始まった、南青山 Gallery 晴れでの写真術ワークショップ、10月の会が木曜から始まりました。

  • iPhone 写真術入門
  • 写真学を学ぼう 「あなたは何故シャッターを切るのか」
  • 一眼・ミラーレス中級 — Q&Aと、HDR撮影

のワークショップを行いました。

明日 (日曜) は、一眼・ミラーレス入門のワークショップと撮影会・懇親会です。まだお申し込みできます。

下のインスタグラムは、金曜日のワークショップの後にフランスのサラダバー屋さんにてシードルでくつろいでいる様子。

iPhone Xs Max で RAW 撮影し、iPhone で現像しました。iPhone Xs Max でのRAW 撮影、なかなか良さそうです。もう少しテストしたらブログに書こうと思います。

下の写真は、木曜日のワークショップの後におしゃれな焼肉屋さんでご飯を食べた後に記念撮影。

今夜はiPhone写真かなーり詳しくなりました(^^)

Ryoichi Tokunagaさんの投稿 2018年10月4日木曜日

WordPress のXデイは、11月19日か ?

WordPress のコアチームから、WordPress 5.0 のスコープとスケジュール提案 がアナウンスされました。提案の冒頭はスコープ (範囲) について記してあります。

  • WordPress 5.0 の焦点は、Gutenberg ブラグインを本体にマージすることである、さらに、以下の二つの開発が追加される
    • ブロックエディター用の標準テーマが必要となるので、Twenty Nineteen を新しく制作する
    • 「Gutenberg プラグインを削除してもらう」「Classic エディタープラグインの新規追加を勧める」をアップグレードの際にユーザーができるように整える

WordPress 5.0のリリース日程について以下の提案がされています。日程はアメリカ時間です。

ベータ 1:
2018年10月19日
RC 1:
2018年10月30日
リリース:
2018年11月19日

さらに時間が必要になる可能性があるので、最大で8日までの遅れは許容します。9日以上遅れることになった場合は、以下のスケジュールに切り替えます。

二次予定 RC 1:
2019年1月8日
二次予定 リリース: 2019年1月22日

もし二次予定になった場合は、なるべく早くお伝えします。もう一つ重要なことに、PHP 7.3 互換性 のためのアップデートを2018年内に行わないとなりません。そのために、4.9.9 のリリースが必要になってくるかもしれません。

WordPress 5.1 のリリースは、2019年3月の予測をしていて、ブロックエディター以外の機能を追加できるように立ち上げる予定です。

WordPress 5.0 のスコープとスケジュール提案
翻訳 by シンヤB

提案のコメント欄には反対意見も多く書き込まれています。反対意見の内容をまとめると。11月19日は、

反対理由としては、ブラックフライデーとクリスマスは、アメリカの EC が忙しくなる時期なので、混乱が起きるようなことは避けてもらいたい。多くの WordPress 界隈の人々が家族と休暇をとる時期であるので、クライエントのサポート対応ができない時期はさけてもらいたい。サポートを仕事としているコミュニティメンバーは対応に追われて、WordCamp US に出席できなくなる。

反対意見を書いている人は、いまの時点で、二次予定の2019年1月22日のリリースを希望中。

反対意見に対して、コアチームからのリプライ (返事) も書き込まれています。それによると。

  • 世界規模で考えると、リリース日をいつにしても、どこかの国の休暇の前になるでしょう。1月にすると、旧正月の前になってしまいます。
  • あなたには、二つのオプション (選択肢) があります
    • あなたが、自分やクライエントのサイトを管理する立場にいるのであれば、準備ができるまでは WordPress 5.0 にアップグレードしない
    • もしクライエントが自分でアップグレードをしてしまう心配をしているのであれば、4.9.8 に Gutenberg と Classic エディタープラグインをインストールして、いまのうちにテストをすることが出来ます。予想通り動くのであれば、Classic エディタープラグインをクライエントのサイトにインストールしておけば、5.0にアップグレードされてしまっても、Classic エディターがそのまま標準エディターになります。(もし、サイトが予想通り動かない場合は、バグレポートを提出してください、直したいので)
    • このどちらかで対応できないのであれば、それについても教えてください

私は、すでに Gutenberg に切り替えているので、このブログ、ワタシタミルモノは大丈夫と思いますが、、 いよいよ新しいバージョンにという感じになってきました。確かに、11月にリリースされると、年末進行ということもあり、制作の方々は大変になるでしょうね。

またなにか新しい情報があればお伝えしたいと思います。

Snow Monkey の Gutenberg プラグインを試してみた

Snow Monkey のプラグインを試しています。
WordPress のリポジトリより
シンヤ

Snow Monkey のブロックを試しています。

友達

Snow Monkey のブロックを試しています。

Section

WCT 2018

これは普通のパラグラフブロックです。

Snow Monkey のブロックを試しています。
シンヤB
ワタシガミルモノ

これも普通のパラグラフタグです。

富士山あります

富士山
お正月の富士山
Snow Monkey のプラグインを試しています。

セクション

Snow Monkey のプラグインを試しています。

Snow Monkey のプラグインを試しています。ボックスというブロックです。

カレーの値段
380円
トッピング100円
  • 少し寒くなっても、少し暖かくなっても、カレーですね。
うどんの値段
240円
トッピング50円
  • 少し寒い時はこれ。
サンドイッチの値段
280円
チーズ50円
  • いつでもこれ。
Snow Monkey のウェブサイト
https://snow-monkey.2inc.org/
カメラ
8.55
レンズ
7
メモリーカード
4
Q
人生の意味とは何か ?
A

人生は、人生の意味を考えるためにある、人生とは人生の意味を考えるものなのだ。

1
最初の一段
2
最初の二歩目
3
3度目の正直
4
4回目は振り出しに戻る

test

test test test

相棒が WordCamp US のスピーカーに選ばれる

テンプル大学でインターネット (WordPress) のクラスを一緒に教えているトオル・ミキさんが、WordCamp US のスピーカーに選ばれました。下の写真は、WordCamp US のサイトから。(なぜか Gutenberg で WCUS オフィシャルのサイトの URL の埋め込みできず)

From WordCamp US 2018 Website

テンプル大学には、Internet Imaging というアートのクラスがあります。この授業は、アート学科の学生にインターネットの使い方に関連する事柄 — Web Design、WordPress、SNS、インターネット用のイメージ制作 — を学んでもらい、インターネットを一つのメディアとして考えながら、クリエイターとして思い思いに情報発信をしてもらうものです。

先学期の授業は、いままでより WordPress を深く探求することにして、カスタマイズしながらブログを書いてもらうだけでなく、テーマ制作について学んだり、WordPress のコミュニティからいろいろな人にゲスト講師をしてもらったり、クラスでコントリビューターデイに参加したりと、実り多き研究となりました。先生にとっても貴重な体験になったので、どこかの WordCamp でプレゼンできたらいいんじゃないだろうかと思っていました。

Tokyo WordPress Meetupさんの投稿 2018年7月26日木曜日
テンプル大学で開催されたコントリビュータデイ

トオルさんが、WordCamp US にスピーカーとして応募したいとのことだったので、応募してもらったところ、選出されました。トオルさん、おめでとうございます。どんなプレゼンになるのか楽しみです。テンプル大学にとっても、アート学科にとっても名誉なことです。

ちなみに、Internet Imaging のクラスですが、2016年まで ブロガーの立花岳志さんとタッグを組んで教えていたクラスでした。しかし、立花さんの執筆活動が忙しくなってしまい、昨年度は授業を組むことができなかったのですが、今年は、トオルさんとタッグを組む形で実現できました。

WordPress のコミュニティから以下の方々にゲスト講師としてクラスにきていただきました。英語での授業のお願いでしたが、皆さん快諾してくださり、とても感謝しております。みなさま、ありがとうございました。

生徒のみなさんも、おつかれさまでした !

来年の授業もいまから楽しみです。

Doorkeeper から、PayPal サポート終了のお知らせがきました

PayPalを使ったイベント決済のサポート終了のお知らせ

最近、インターネットでの決済の仕組みについて少しづつ勉強しているので、表情に興味深いニュースなのと、ちょっとびっくりしました。Doorkeeper にとっても、PayPal にとっても、今後の運営を考えるに、とても大きな事柄と思えたからです。

Doorkeeperでは、PayPalとStripe経由でのクレジットカード払いという2通りのオンライン決済方法を提供してきました。しかし、残念ながら、PayPalではそのサービスの質に関わる問題を繰り返し経験し、また、今後それが改善されることが予想できる確たる証拠もありません。Doorkeeperを利用するイベント主催者や参加者にとって快適なサービスを今後PayPalが提供してくれることを確信できないことから、クレジットカード決済をStripeのみで対応すべくPayPalのサポートを終了することに決定しました。

PayPalを使ったイベント決済のサポート終了のお知らせ

詳しくは、PayPalを使ったイベント決済のサポート終了のお知らせを読んでいただければと思いますが、「PayPalで生じたサービスの質に関わる問題」という見出しの説明があります。

イベントへの支払いを扱う上で重要なことの一つは、いかに瞬時にそれを処理するかということです。参加者はイベントが始まる数時間前(あるいは数分前)にチケットを購入することがよくあります。そのため、支払い時に問題が発生してしまった場合、イベント開始までに問題を解決するのに十分な時間があるとは限りません。よって、支払いにおける問題をできるだけ回避するというのは、特に重要だというわけです。

PayPalで生じたサービスの質に関わる問題、PayPalを使ったイベント決済のサポート終了のお知らせ

そうなんですよね、ここがすごく決済の場合に重要なポイントです。各メーカーさんも、この部分の技術やインフラに関してインベストメントを多くおこなっていると思います。

さて、今後の展開がどうなるのか、しばらく動向を見届けたいと思います。PayPal と Amazon Pay 簡単だから、利用者としては使えると楽なんですけどね。

イベント主催者の方は、以下の部分も要チェックと思います。

この発表と同時に、すべてのコミュニティにおいて新しいPayPalアカウントとの連携はできなくなります。すでにPayPalアカウントと連携しているコミュニティにおいては、2018年11月7日より前に公開されたイベントにおいては引き続きPayPal経由での支払いは対応されます。11月7日以降に公開されたイベントでは、PayPalを使っての集金はできなくなりますので、Stripeアカウントと連携していただく必要があります。

PayPalを使ったイベント決済のサポート終了のお知らせ

先日、友人が、「そろそろ Facebook がなくなった時の事を考えておこう。」と言っていたのですが、それを聞いて、私も、ありえるのかもなー、準備しとこう、と思ったのを思いだしてます。

そろそろ Facebook がなくなった時の事を考えておこう。

小杉 聖さんの投稿 2018年9月30日日曜日

WordCamp EU 2019 のチケットが発売になり即完売

第七回目となる WordCamp ヨーロッパ 2019 のチケットが発売開始に

WordCamp ヨーロッパは、世界中の WordCamp (WordPress のカンファレンス)  の中で、最大規模のものです。来年は、ドイツのベルリンにある Estrel Hotel and Congress Center で、6月20日から22日に開催されます。

ライデン、ソフィア、セビリア、ウィーン、パリ、ベオグラードと進化してきた、WordCamp ヨーロッパ、ベルリンも楽しみですね。

シンヤB は、スピーカーの募集に応募しょうかなと、、 写真班も興味あるんですが、なぜかと言うとヨーロッパの写真班班長は、白黒使いでライカで撮影しているようなので興味津々なのです。下の写真は、彼が撮影した昨年の一枚。登壇しているのは、マット・マレンウェッグさん、この人が WordPress 作りました。

Photo by Florian ZieglerCC BY-SA 4.0

WCEU チケットについて

チケットは、段階を追って販売されていくとのこと。

現在は、第一段階のチケットが販売されていて、二つのオプションがあります。

  • 40ユーロのスタンダードチケット (参加費とTシャツが含まれる)
  • 150ユーロのマイクロスポンサーチケット

会場のホテルでは WordCamp ディスカウント宿泊レートもあるそうです。

WCEU コントリビュータデイについて

コントリビュータデイの申し込みは、もう少ししてからとのこと。

追記: 昨夜書いたのですが、WCEU チケット第一段階は即完売となったようです

The first batch of standard tickets for #WCEU has sold out in record time 😱 But don’t worry if you missed out, we will release more tickets on Wednesday! 😜

WordCamp Europeさんの投稿 2018年10月1日月曜日

次の発売は、水曜日とのこと。しかし、凄い人気ですね。