DxO から Nik Collection 2019 にはどのような改善と新機能があるとよいかコントリビュートして欲しいとメールがある

DxO から Nik Collection 2019 には何の機能があると良いかコントリビュートして欲しいのでコミュニティに参加しませんかとメールがきました。何だかどこかで聞いたような話ですね。

英語ですが、以下のページでコントリビュートできます。

Which feature do you need?

こういう取り組み良いなと感じています。

他のユーザーが、どのような新しい機能が必要と思っているとか、どのような改善を望んでいるのかを知れるのも良いです。なるほど、そういうふうに使うと、そのような希望がと勉強になります。ユーザーの声を聞いてくれているという姿勢も好印象ですね。

WordPress の固定ページに noindex を設定

固定ページの <head> 内に <meta name=’robots’ content=’noindex,follow’ /> を追加する必要がでてきたので、初のカスタムフィールドをこのブログに自分で実装してみた。header.php に自分で処理を追加しなければいけないので、前からしなくてはと思っていた「プラグインではなく子テーマでできることは子テーマに移行する」も実行した。

私がおこなった「css と JavaScript の追加はプラグインで試してから子テーマに移行」は、ftp などが不慣れな人にとっては有効な手段と思えた。css に関してはカスタマイザーという手もあることも、忘れそうなのでw、記しておく。

子テーマのテストをするには、ローカルで WordPress が動いているべきと思うので、WP Meetup のワークショップでブロガーの人に試してもらうのは、少しハードルが高いなーとも思った。

子テーマの header.php だが、親テーマが更新されて header.php の内容が変わるケースがどれぐらいの頻度でおこりえるのか分からないが、キャスケードでないから更新された時は注意が必要なのかもという印象を受けた。

カスタムフィールドがうまく実装できたか確認するため、自分の <head> を久しぶりに見たが、何だか汚いなーw 綺麗にしなくてはと思う。夏休みの宿題w

参考までに、WordPress に、css と JavaScript を追加するプラグインは以下のものを使った。

Simple Custom CSS and JS (説明が日本語に翻訳されてない!w) このプラグインおすすめです、すべての機能を使うには Pro 版にしないといけませんが、いろいろなケースを簡単に試せるので気に入ってます。このプラグインがなければ、WordPress のカスタマイズにもっと時間がかかっていたと思います。

WordPress の「子テーマの作り方」はこちらを参照のこと。

さて、メモとして、WordPress の固定ページに noindex を設定する方法としては以下の3つがある。

  1. プラグインの All in One SEO Pack を使う (これが一番簡単と思えるが、私はテスト的にこのプラグインを使わないでいる)
  2. functions.php に処理を追加する
  3. カスタムフィールドを追加し header.php に処理を追加する

カスタムフィールド製造業という言葉をたまに聞くのだが、このような形でプルダウンで機能を追加できるようにすることだと初めて理解した。

私も、これで、カスタムフィールドにてプルダウンで、 <meta name=’robots’ content=’noindex,follow’ /> を足すことができるようになった。

_s

Hi. I’m a starter theme called _s, or underscores, if you like. I’m a theme meant for hacking so don’t use me as a Parent Theme. Instead try turning me into the next, most awesome, WordPress theme out there. That’s what I’m here for.

My ultra-minimal CSS might make me look like theme tartare but that means less stuff to get in your way when you’re designing your awesome theme. Here are some of the other more interesting things you’ll find here …

https://underscores.me/

(ココマデタドリツイタ)

WordBench 二子玉川で、blog を始めたい人、WordPress のカズタマイズを始めたい人とワークショップをしました

7月8日に、WordBench 二子玉川で、blog を始めたい人、WordPress のカズタマイズをしてみたい人とワークショップをしたので、忘れる前にメモ。25名程の方に参加していただいた。

そして、このワークショップは、私、シンヤBが地元にオープンソースコミュニティを作ることができないだろうかと始めてみる最初の第一歩である。

このあいだ、WordPress Meetup ハンドブックの行動規範を訳したのだが、以下のような規範が書いてあった。

2. Open Source Citizenship / オープンソース市民

A supplemental goal of this code of conduct is to increase open source citizenship by encouraging participants to recognize and strengthen the relationships between what we do and the community at large.

私たちの役割とコミュニティ全体との関わり合いを関係者が認め強化するように働き掛けることで、オープンソース市民を増やしていくことがこの行動規範のもう一つの目的です。

そう、言ってみれば、このワークショップは、オープンソース市民を増やしていく試みなのだと、この投稿を書いていて気づいた。

さて、まずは、以下のような段階で、カスタマイズ (WordPress のデザイン) を学んでいくことになりますと、学んでいく段階について紹介して、実際に勉強していくと、この段階を行ったり来たりしながら学習することになりますと説明してみた。html, css, JavaScript は、勉強していくと、どれも奥が深いので難易度を比較するのは難しいけれど、取り掛かりやすさから言えば、html > css > JavaScript の順番になると思う。WordPress に関しては、1~6が難易度の大きさに比例している。

実は、WordBench 二子玉川のような場所で、連続してワークショップをしていくなら、1年ぐらいで、テンプレート、ループにたどり着けるようなカリキュラムを組むことができないだろうかと考えていて、実現できれば、一つのメソッドを提示できるのではないかと思っているのだが。自分もまだまだ実践、勉強中だから、実践の中の学びをどう体系化していくかを考えているようだ。

順番 内容
1 blogの仕組み
2 html
3 css
4 WordPress 1: テーマのインストールと有効化
5 WordPress 2: カスタマイザー
6 WordPress 3: 追加 css
7 WordPress 4: プラグインを使ったカスタマイズ
8 WordPress 5: 子テーマ
9 JavaScript
10 WordPress 6: php — テーマを自分で作る (改良する) / テンプレート、ループ

3時間のワークショップで、進めてみたところ、内容は以下のようになった。

  • WordPress の紹介 / 基本的な仕組み、WordPress.orgWordPress.com の違い
    • WordPress Codex 日本語版に使い方について多く情報がありますので、読んでみましょう。ここに情報があることを知らない人が多いと私は感じている。
    • コンピュータが苦手な人は、まずは、WordPress.com で1~2ヶ月ブログを書いてみて、blog が続けられそうだ、blog はこんな雰囲気になりそうだと分かったら、自分のドメインを立ち上げることにするというのが私のお勧め。
    • コンピュータが得意な人は、自分自身のドメインを立ち上げて、WordPress をインストールし、blogを始めるという形でもいいとは思う。
  • html の紹介
    • 基礎、DOCTYPE, html, head, charset, body
    • h1, h2, h3, p を使った、文章構造の作り方
    • a タグ、href
    • html の書類を自分で作ってみる演習
    • テキストエディターの使い方、書類を別名で保存、utf-8 で保存、保存したファイルをブラウザーで開くなどの一連の流れを難しく感じる人が多くいて、ああ、次回は、この部分から始めた方がいいのだなと気づく
    • 改行が含まれた txt 形式の書類を作り、それをブラウザーで開けて、その後、拡張子を html に書き換えるとブラウザーがどう表示するかを見てもらってから、そこに、必要な html を書き込んでもらい、保存し、もう一度、ブラウザーで開いてもらうと、初めての html が書けてしまいましたという演習をする
  • css の紹介
    • stylesheet というものがあります、link を使い外から読み込むことで、コンテンツ (html) とデザイン-装飾要素 (css) を分けることができます
    • html の紹介でのテキストエディターがうまく使えない問題に時間がかかりすぎたので、実際に css を手打ち演習はスキップすることに
  • WordPress の話。
    • 新規>投稿を見てもらい。h1, h2, h3, p をどのように設定するか、そして、実際に、どのように書き出されるかをみてもらう。
  • カスタマイザーの紹介
  • テーマを選んでインストールして変えることができますの紹介
  • 追加 css でさらにカスタマイズできますと紹介
    • テーマを選んでインストール、有効化して、カスタマイザーでカスタマイズ、なんか違うなと思ったら、違うテーマを選んでインストール、そしてカスタマイザーでカスタマイズというのを繰り返していくの紹介。私のブログは、100個のテーマを試しましたと話す。
    • 私のブログを見てもらって、デザインに関するものでプラグインで実現している部分と、JavaScript で実現されている部分、新しい WordPress のエディター Gutenberg の機能を使っている部分の例も見てもらい、カスタマイザーと追加 css 以外の要素でデザインが成り立っている部分を紹介。
  • 最後の30分は、もくもくスタイルにして、個別の質問を受けて答えることに

受けた質問で、なるほど、こういうニーズがあるのだと気付かされたこと。

  1. メニューをカスタマイズしたい
    a. プルダウンのメニューをプルダウンにしないで使う方法
    b. toggle を使いたい
  2. h1 の下に、自由に h1 ではない情報を入れたい。

後は、バックアップの取り方、スマートフォンからのブログの書き方、を聞かれた。

<追記>
宿題として。次までに、 WordPress.com でブログを書いてきて欲しいというのと、次回、ドメインを取って立ち上げたい人は、ドメイン名を考えてきて欲しいと宿題を出した。ドメインは、お名前.comで検索できる。良い名前が見つかって、どうしても申し込みたくなってしまった場合は、ドメインは申し込んでもらっていいが、レンタルサーバーの申し込みはしないでおいたほうが良いと提案しておいた。
</追記>

おつかれさまでした。さて、次回の会までに、25人の皆さんがどのような状況になっているか楽しみです。

WordPress のコミュニティに参加するには、どうしたらいいのかと聞かれたので、記しておきます。

  • WordCamp Tokyo に参加する。東京での年に一度の WordPress のカンファレンスが新宿にて開催されます。9月14日 (金) コトリビューター (貢献の日)、9月15日 (土) 登壇者セッション。私も参加します。「WordPress と写真の現在: Gutenberg and beyond」というような内容で登壇する予定です。Bench のコミュニティつながりで実行委員もしています。詳しくは、WordCamp Tokyo のページをご覧ください。
  • WordBench 東京 のイベントに参加する。7月は、立花さんと私が当番の月で、テンプル大学で7月21日開催されます。
  • WordBench 三鷹北千住二子玉川羽田 に参加してみる。いろいろな地域で、勉強会が開催されていますので、それらの会に積極的に参加するのも良いと思います。

追記: 7月8日は WordBench 二子玉川 の記念すべき第一回目のイベントとなった。会場は、二子玉川ライズ・オフィス8階にある、東京都市大学 二子玉川夢キャンパス。今年の春ぐらいから、私の住んでいる淡島の付近(池尻大橋、三軒茶屋、下北沢)で、WordBench ができたらいいのかもしれないと考えていたのだが、なかなか良い場所に出会えなかった。そんな中、二子玉川で行われると聞いて、あら、隣の駅じゃないと出かけて行ったのだった。それと、私は、世田谷区代沢 (下北沢) 生まれで、東京都市大学付属中学校を卒業しているので、なんだか縁を感じていたのだった。

DxO から NIK COLLECTION 2018 がリリース、今日までディスカント!

(もっと早く書ければよかったんですが、、 試してからと思っていまして)

Macbook Pro で Adobe Photoshop で写真加工をしている人は、みんな使っていると思いますが「NIK COLLECTION」の最新版「NIK COLLECTION 2018」が DxO からリリースされました。

Google が買収しサポート打ち切りが宣言され、残念な気持ちになりましたが、その後、DxO が Google から買い取り新しいバージョンがでることになり、楽しみにしていました。

まだ試せていないのですが、今週、自分のマシーンにインスートしたいと思います。楽しみです。

なぜこのポストを焦って書いているかというと、今日までに購入すれば、ディスカウントがあるからなんです。

私は英語で読んでいたこともあり、ドルで購入しましたが、日本語にも対応しているようです。 $69 が $49.99 で購入できます。した。PayPal で支払いましたが、4,998円でした。

NIK COLLECTION by DxO

NIK COLLECTION by DxO (日本語) >> 日本語では、 ¥8.988が¥6.488で購入と表示が出ています。した。

RICOH THETA V が マイセッティングに対応し、撮影条件をカメラ本体に記憶できることに!

RICOH THETA V のファームウェアがバージョン 2.30.1 にアップデートされ、スマートフォンから設定した撮影条件をカメラ本体に記憶しておくことができる「マイセッティング」が使えるようになりました。(待ってました!)

マイセッティングとは、例えば、撮影条件をHDRとしてカメラに登録しておくと、スマートフォンと接続していない状態でも、HDR撮影が可能になるものです。ちなみに、マイセッティングは、静止画のみ対応となります。

RICOH THETA V のファームウェアのダウンロードのページはこちら。(このアップデートは2018年6月28日の情報です)

Rainy Wednesday Morning…, Tokyo . 雨の渋谷、通勤中。なんだかへんな水曜の朝だ。ワールドカップ、日本がコロンビアに勝った。起きても信じられず、ニュースを確認w ちなみに、FIFAランキングでは、日本 61位、コロンビア 16位。日本がいるグループ Hの他のチームは、ポーランド 8位、セネガル 27位。これ以上勝てるわけないが、勝てそうに思えてくるから恐ろしい。そして、これ以上勝てるわけないから落ち着いてと自分に言い聞かせる水曜の朝。 . #iphone #sun #japan #sunlight #mirrors #photography #worldcup2018 #setagaya #samuraibkue #人間関係 . #RicohThetaV #ThetaV #シータ #Ricoh #リコー #360度カメラ #ShinyaBTheta #VRPhotography #VR写真 #ファインダー越しの私の世界 #シータのある生活 #thetagraphy #theta360 #タバスコ光画

A post shared by Shinya B (@shinyabw) on


WordPress 5.0 / Gutenberg グーテンベルクのロードマップ

6月15日に、WordCamp Europe にて、Matt Mullenweg 氏が、WordPress 5.0 / Gutenberg (WordPress の次のバージョン、グーテンベルクと呼ばれる新しいエディター) のロードマップ (開発予定) について話していたので、日本語に訳しつつメモを書くことにした。

[○○○○○○]は、 私の個人的感想、予測です。

六月:
– 新機能を凍結。[つまり、七月に入ったら新しい機能は増えない]
– ホスト、エジェンシー、教育者 (先生方) を、オプトインに招待する (WP.com の wp-admin ユーザーも含まれる) [つまり、Feedback を活発にしてくれそうな人々をベータに巻き込むということかなと、教育者!、私も含まれているじゃないか、、w]
– Aztec Editor でモバイルアプのサポート  [GitHub には、 gutenberg-mobile というリポジトリがあり、mobile version of Gutenberg と書いてある、楽しみ]

七月:
– 4.9.x. のリーリースにて、Gutenberg か、Classic Editor プラグインを使ってくれるように ”猛烈に招待”
– WP.com の wp-admin ユーザーは、オプトアウトできるように
– バグのトレアージ  [重症度をベースにバグの選別を行う]
– “ポストの域を越える” サイトカスタマイゼーションの研究 [新たな機能は増えないとのことなので、七月からサイトカスタマイゼーションの開発 (つまり 5.1 ?) にも並行的に着手ということかなと、、]

八月とその先:
– 全ての重大な問題は解決
– Calypso と一体化
– 10万のサイトが25万のポストを Gutenberg からおこなう [どうやら、マット氏は、この数字を、次へのステップへの指標とするよう、つまり、10万サイト25万ポストに、早くたどり着けば成功ということと、次への開発の着手も早くなるということのよう]
– コアにマージされる、5.0 リリースのサイクルが始まる
– 5.0 のベータリリース、翻訳も完了!w
– モバイル版の Gutenberg は、年内リリースを目指す

5.0 早くて八月

「八月に 5.0 がリーリースされる可能性はある、、 しかし、日付については約束できない」と、マット氏

さて、どうなることやら。楽しみですね。