RICOH THETAの使い方:ワークショップで聞いてみたいこと

RICOH THETAワークショップ:聞いてみたいこと 

CP+本番まで、あと30分。自分が参加者なら、シンヤBに何を聞いてみたいだろうか?と考えていた。

私なら、2つ知りたいことがある。

1つは、どのようにシータを持ち歩いているか?

もう1つは、iPhoneのホーム画面。

実は、この2つを聞かれることが多い。

CP+記念、もっともよく聞かれるその2つを、ここに公開。

RICOH THETAワークショップ:シータの持ち歩き方 

RICOH THETAのカメラケースは、私のブログのコーチで写真家でもあるものくろさんに教えてもらったドンケF900。シータの座りを良くしたいので、純正アクセサリーのソフトケース(TS-1)を切って中に入れて使っている。ストラップは、100均のベルトを二本繋いだもので、これで、たすきがけして、ジャケットの中の左脇にくるようにしている。JOBY(ジョビー)の「Gポッド ミニマグネティック」の三脚はいつもつけたままにして、グリップのように使っている。

写真の右の黒いケースが、ソフトケース(TS-1)のフリップ(カバー)とループを切って外してしまったもの

RICOH THETAワークショップ:使っているアプリ 

私は、日々、ブログ、光画、動画と4つのホーム画面に分類している。

光画は、こういう感じ。ちなみに、私は、右利き。


シンヤBによる、最新の写真ワークショップのお知らせは、こちら次回は、東京、7月30日、8月11日、12日、9月3日、大阪、8月27日(2017年)。


RICOH THETAワークショップ:使い方のまとめ

CP+(シーピープラス)2017 パシフィコ横浜 2月26日(日曜)
シンヤBワークショップ:RICOH THETA ソーシャル・ネットワークキング作法

via PressSync

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA