iPhone 写真術的おすすめの iPhone 2019年編

ここのところ、iPhone をそろそろ買い換えたいと思っている友達が周りに何人かいて、写真を撮るならどの iPhone を買ったらいいのかと聞かれたので、私の意見を少し書いておきたい。

考える際の目安になるのは、価格、画質、カメラの機能となると思うので、この三点について書いてみる。

動画撮影を沢山撮影する方は、そのまま iPhone で編集する可能性も考えると、iPhone Xs か iPhone Xs Max が512Gモデルもあり容量も大きく、搭載されているチップの処理スピードも速いので、iPhone Xs がお勧めではと考えている。

iPhone の価格比較 2019年編

Apple 日本のサイトを見てみると、現在 (2018年11月27日)、7種類の iPhone が発売されている。

7種類を、値段順に並べて、大きさ、解像度、差額も書いておいた。

機種名大きさピクセル解像度値段 (税別)差額
iPhone Xs Max157.5 x 77.42,688 x 1,242¥141,800 / 256G
iPhone Xs143.6 x 70.92,436 x 1,125¥129,800 / 256G-2000
iPhone Xr150.9 x 75.71,792 x 828¥101,800 / 256G-40000
iPhone 8 Plus158.4 x 78.11,920 x 1,080¥95,800 / 256G-46000
iPhone 8138.4 x 67.31,334 x 750¥84,800 / 256G-57000
iPhone 7 Plus158.2 x 77.91,920 x 1,080¥75,800 / 128G-66000
iPhone 8138.4 x 67.31,334 x 750¥67,800 / 64G-74000
iPhone 7138.3 x 67.11,334 x 750¥61,800 / 128G-80000

iPhone の画質 2019年編

画質は iPhone 8 以上の機種であれば実用に耐えると考えている。iPhone 8 と iPhone 7 の差額は 23000円だが、iPhone 7 の容量は128Gと iPhone 8 の半分であるので、容量代と考えれば iPhone 8 の方がお買い得と言えるだろう。iPhone 8 には64Gモデルもあり、こちらであれば差額は7000円であるが、写真を沢山撮る人にはすぐに容量が一杯になってしまうので64Gモデルはあまりお勧めできない。

iPhone カメラの機能

iPhone Xs カメラの画角

実は、新しい iPhone Xs のカメラは画角が変わってしまった。標準がより広角になった。これは良い結果を生み出すのか分からず、悩ましい変更である。ただ単にワイドに撮りたいのであれば、広い方が有利なことも考えられるが、もし寄りたいと思った場合は、以前よりさらに「歪み」が生まれる。私は、このさらなる歪みに、いまのところ抵抗があるし、個人的には好きではない。

寄りたいのであれば、望遠カメラを使えば良いのだろうが、望遠カメラのセンサーは標準カメラよりも暗い場所での撮影に弱い傾向がある。残念ながら、いつでも望遠カメラを使えるという状況ではなく、これも悩ましいところ。

この問題が、コスパを考えると iPhone Xs をベストな選択肢としておすすめしにくい理由となっている。

iPhone 8 がコスパ的にはベストだが、ポートレイトモードが使えない

コスパで考えると、iPhone Xr、iPhone 8 Plus、iPhone 8 のどれかになる。とにかく安い方がよければ、iPhone 8 となるが、iPhone 8 はポートレイトモードが使えないので、そこが iPhone 写真術的には悩ましいところ。アプリで後から加工して、被写界深度が浅い効果を付け加えることは可能であるので、加工に時間をかけても良い人は、iPhone 8 を選択する手もあるだろう。84800円、決して安くないが、iPhone としては安いと言える。

さらに、11000円を足して、iPhone 8 Plus にするという手もある。デュアルカメラが付いているのでポートレイトモード撮影もでき、画面が少し大きいので使い勝手も良いが、値段が Xr と6000円しか違わないので、チップのスピードが早いことも考えると、iPhone Xr も選択肢に入れるべきと考えている。ちなみに iPhone Xr はデュアルカメラではないが、ポートレイトモードが使える。

iPhone Xr を日常的に使ったことがないので、おすすめするのは気がひけるのだが、スペックやレビューを見る限りでは良さそうだ。ただ、さらに、38000~40000円出せば、iPhone Xs が買えるので、最高機種が良い人は、iPhone Xs か iPhone Xs Max という手もあるだろう。

最後に、iPhone Xs Max の使用感について

私は、iPhone Xs Max を使っている。

iPhone Xs Max の写真画質に関しては、いまだに悩ましい状態が続いている。とても良い時もあるし、悪い時もある感じだ。これは別のブログに書きたいと思っている。現状では、スマートHDR HEIF、スマートRAW、JPGを撮り比べて、良いものを使う形で進めていて、これはやや面倒くさいし、Instagram などでシェアするスピードが落ちていると感じる。

iPhone Xs Max でのリタッチもまだ私には難しい、表示が明るすぎるのだと思う。これも慣れだとは思うが、まだ良い結論が出せないでいる。

iPhone Xs Max の利点も書いておこう

  • 画像の処理が早い
  • メモリーが多い
  • 画面が広いのでブログを書きやすい

iPhone 8 の時もアップデートで画質が向上したので、iPhone Xs も格段に画質が向上する可能性はまだあると考えられ、今後のアップデートに期待したい。


シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。