WordPress のXデイは、11月19日か ?

申し込み始まりました

11月17日 (土) 二子玉川 WordPress Meetup @ 東京都市大学二子玉川夢キャンパス
11月22日 (木) 写真家アーサー・マイヤーソン来日講演 @ テンプル大学
12月6・7・9日 シンヤ B 写真術ワークショップ @ Gallery 晴れ

WordPress のコアチームから、WordPress 5.0 のスコープとスケジュール提案 がアナウンスされました。提案の冒頭はスコープ (範囲) について記してあります。

  • WordPress 5.0 の焦点は、Gutenberg ブラグインを本体にマージすることである、さらに、以下の二つの開発が追加される
    • ブロックエディター用の標準テーマが必要となるので、Twenty Nineteen を新しく制作する
    • 「Gutenberg プラグインを削除してもらう」「Classic エディタープラグインの新規追加を勧める」をアップグレードの際にユーザーができるように整える

WordPress 5.0のリリース日程について以下の提案がされています。日程はアメリカ時間です。

ベータ 1:
2018年10月19日
RC 1:
2018年10月30日
リリース:
2018年11月19日

さらに時間が必要になる可能性があるので、最大で8日までの遅れは許容します。9日以上遅れることになった場合は、以下のスケジュールに切り替えます。

二次予定 RC 1:
2019年1月8日
二次予定 リリース: 2019年1月22日

もし二次予定になった場合は、なるべく早くお伝えします。もう一つ重要なことに、PHP 7.3 互換性 のためのアップデートを2018年内に行わないとなりません。そのために、4.9.9 のリリースが必要になってくるかもしれません。

WordPress 5.1 のリリースは、2019年3月の予測をしていて、ブロックエディター以外の機能を追加できるように立ち上げる予定です。

WordPress 5.0 のスコープとスケジュール提案
翻訳 by シンヤB

提案のコメント欄には反対意見も多く書き込まれています。反対意見の内容をまとめると。11月19日は、

反対理由としては、ブラックフライデーとクリスマスは、アメリカの EC が忙しくなる時期なので、混乱が起きるようなことは避けてもらいたい。多くの WordPress 界隈の人々が家族と休暇をとる時期であるので、クライエントのサポート対応ができない時期はさけてもらいたい。サポートを仕事としているコミュニティメンバーは対応に追われて、WordCamp US に出席できなくなる。

反対意見を書いている人は、いまの時点で、二次予定の2019年1月22日のリリースを希望中。

反対意見に対して、コアチームからのリプライ (返事) も書き込まれています。それによると。

  • 世界規模で考えると、リリース日をいつにしても、どこかの国の休暇の前になるでしょう。1月にすると、旧正月の前になってしまいます。
  • あなたには、二つのオプション (選択肢) があります
    • あなたが、自分やクライエントのサイトを管理する立場にいるのであれば、準備ができるまでは WordPress 5.0 にアップグレードしない
    • もしクライエントが自分でアップグレードをしてしまう心配をしているのであれば、4.9.8 に Gutenberg と Classic エディタープラグインをインストールして、いまのうちにテストをすることが出来ます。予想通り動くのであれば、Classic エディタープラグインをクライエントのサイトにインストールしておけば、5.0にアップグレードされてしまっても、Classic エディターがそのまま標準エディターになります。(もし、サイトが予想通り動かない場合は、バグレポートを提出してください、直したいので)
    • このどちらかで対応できないのであれば、それについても教えてください

私は、すでに Gutenberg に切り替えているので、このブログ、ワタシタミルモノは大丈夫と思いますが、、 いよいよ新しいバージョンにという感じになってきました。確かに、11月にリリースされると、年末進行ということもあり、制作の方々は大変になるでしょうね。

またなにか新しい情報があればお伝えしたいと思います。

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。