なぜ TSUTAYA では DVD を2枚借りるより4枚の方が安いのか(枚数特典の謎)

久しぶりに TSUTAYA (ツタヤ) で DVD を借りたら不思議な値段になっていたので書いておきたい。

(そろそろ文字を書き始めなくてはと書き始めている)

私は読み終わる本の数より見ている映画の本数の方が多い。映画は雑食で、なんでも見る。好きだし多く見るので書評ではなく映画評を書いたらいいんじゃないかと思っている。気分転換したくて、1~2時間空いていたら、映画館に向かうタイプで、おまけに、大学での選考は映画製作だった。

メイズ・ランナーという三部作の映画の3部目が、2週間後の2018年6月15日 (金) に公開される。2017年2月に公開される予定で、早く続きが見たかったのだが、主人公が撮影中に怪我をしたため、公開が1年遅れることとなった。

1部と2部がどんな話だったか忘れてきていたので、3部目を見る前に見直しておくことにした。

オンラインで購入しても良かったのだが、最近、集合住宅の我が家のインターネットは、夜になると非常に遅くなるので、近所のTSUTAYAで借りて見ることにした。

お店に行き、2枚の DVD を受付に持って行くと、旧作は2枚借りると480円で、4枚借りると枚数特典が適用され400円 (税抜) になるとのこと、、

なぜ4枚借りる方が安いのか不思議に思ったが、4枚借りることに。

帰り道、なぜ4枚借りる方が安いのか考えてみる。いくつか仮説をたててみた。

  • 1週間で4枚見ると、DVDを見るという行動が習慣になり、もっと借りるようになるから
  • 以前は100円だったじゃないか、という苦情に対応した
  • 「貸し出す」という手間に対して課金している
  • 他のサービスと競争しているから

ここまで書いて、たぶん他のサービスと競争しているからかなと思う。

普段、私は映画館で映画を見るので、1本100円というのは、凄く安いと感じるし、心配にもなる。そして、4枚見たいものを探すという行為を、ちょっと面倒に感じた。1週間で4本見れるのか、また TSUTAYA で借りることがあるのか、どうなるのか楽しみだ。

ちなみに、メイズ・ランナーの3部目だが、アメリカでは公開されていて、レビューがあまり良くないので、ちょっと残念な気持ちでいるのだった。

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。