家に籠もる GDPR な日になった土曜日

したいことしなければならないことがたくさんある

家に籠もれたが、 GDPR に時間を使ってしまった。しかし、籠るのは気持ちがいい。なんでだろう。

夏学期の授業の準備、六月から再開したい写真ワークショップの準備、八月の結婚パーティの準備、そして、WordPress 4.9.6 と Gutenberg プラグインの翻訳作業、ライカの暗室作業、ブログだって書きたい。

さて、思ったより WordPress 4.9.6 の GDPL 関係の翻訳がてごわかった、終わらなかったのだった。

私は個人でサイトを運営しているが、4.9.6 がリリースされたら、検証と勉強も兼ねて自分のプライバシーポリシーを整えたいと思っている。実は、WooCommerceのブラグインを使って、ライカで撮影した作品を売ると、これまた、検証と勉強になるのではないかと思っている。

4.9.6 の翻訳をすることで、プロファイリングとか、自動処理による個人に関する決定とか、あまりいままで内容が分かっていなかったことへの理解が深まりつつある。 匿名化と仮名化の違いや、Cookie がどのような仕組みで動いているのかも、あまり気にしたことがなかった。

しかしながら、世界を相手にサイトを通して商売している人は、今回の件は大変だろうなと思う。私は、そういう風に考える方法や、手段があるのかと、知らないことがわかればわかるほど、興味津々になっている。そして、データ保護責任者という職務にも興味がでてきた。もう少し掘り下げて、大学の授業で紹介できるといいのかもしれない。

WordPress 4.9.6 の GDPL 関係の翻訳を進める中でいくつか参考になったブログがあったので、メモとしても書いておきたい。

欧州在住者から組織で管理しているその人の個人情報の所在、取得目的、共有先、どうプロセスされたかの開示、そして削除を求められた時、適時的確に対応できるか、また取得時に明瞭な合意を取っているか — 個人情報保護を川下から理解する

人種もしくは民族的出自、政治的見解、宗教的もしくは哲学的信条または労働組合加入を示す個人データの処理、および遺伝子データ、自然人を同定する生体認証データ、健康に関するデータまたは自然人の性生活もしくは性的指向に関するデータの処理は禁止される。 — EUデータ保護規則(GDPR)

したいことしなければならないことがたくさんある

ライカで写真は撮らなかった。明日もしたいことしなければならない作業を進めたいのだけれども、明日は、友人、インコのチランさんの結婚パーティである。まあ、焦らずに楽しむことにしたいと思う。あ、そうだ、部屋の片付けをしたいとも思っていたんだった。今日も Markdown で書いている。ちょっと単調な感じになる気もするが、とても楽だ。

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。