マップカメラで買った中古のライカのレンズが4ヶ月で壊れる、続編

マップカメラで買った中古のライカのレンズが4ヶ月で壊れるの続編。

マップカメラから連絡があった。

故障は、フォーカスに関する部品が破損していたとのこと。修理と共に、フォカースの調整が必要なので、ドイツのライカに送り修理をした方が良いだろうとのこと。13万7千円の修理代がかかるが、購入金額より低いので、保証で修理可能とのこと。問題は、レンズが戻ってくるのは、来年の4月とのこと。修理されますか?と聞かれたので、修理をお願いした。

ということで、4月まで50mmの一本で撮影ということになった。他のレンズを買うという手もあるが、実は、ライカのフルフレームが欲しいので、フルフレームを購入するまでは、次のレンズは買わないつもり。SLかM10の次の機種が出たら考えたいと思っている。

少し値段が高かったが、1年の保証が付いているマップカメラで買って良かったと思っている。購入金額以上の修理代は保証されないのだとは知らなかった。

28mmくん、ちゃんとドイツから帰ってきてね。

28mmで撮影した写真は、こちら。いつもの渋谷の朝。

Shinya Bさん(@shinyabw)がシェアした投稿

13/100

Pocket

投稿者: シンヤB

アーティスト、教育者、ドラマトゥルク 詳しくはこちら