シータのレシピ紹介:Theta360Official からリポスト記念

申し込み始まりました

11月17日 (土) 二子玉川 WordPress Meetup @ 東京都市大学二子玉川夢キャンパス
11月22日 (木) 写真家アーサー・マイヤーソン来日講演 @ テンプル大学
12月6・7・9日 シンヤ B 写真術ワークショップ @ Gallery 晴れ

先日の大阪でのシータがオフィシャルからリポストされたので、記念に、このシータ写真のシンヤBレシピを紹介したいと思います。

  1. 撮影したい場所に行き、まずは、地球や空間や「何かと繋がる感覚を持つ」。
  2. 電源を入れるときに、「カメラに気持ちを入れる」。
  3. 脳内で、撮るぞ〜、撮るぞ〜と、マントラを唱え、「集中力を高める」。
  4. どんな仕上がり、写真にしたいのか「想像する」。
  5. 5枚程撮影するので、「想像しているイメージに近くするには、どのように撮影するべきか考える」。
  6. 私の場合は、カメラを手の延長と考え、「踊るように撮影」、自分のイメージに近づくよう踊る。(ここは、機械的に計算して、カメラのポジションを決めるのも良いでしょう)
  7. 撮影したファィルを、iPhoneに転送する。
  8. イメージブレンダーアプリを使い、5枚の写真を合成する。アプリの上の真ん中のアイコンを押すと、ブレンドモードを変えられます。モードによって効果が変わります。最近のシータの合成は、 Luminosity が多いです。下のスライダーでブレンドの割合も調整できます。二枚合成したら、右上の矢印のアイコンをタップ、フラット化を選ぶことで、3、4、5枚と合成していきます。
    合成が終わったら、「カメラロールに保存」を選び保存する。ちなみに、設定にて、「常に、PNGフォーマットで保存」を選んでおくと、PNGで保存できます。
  9. THETA+アプリで、長方形から丸に変換。
  10. Adobe Lightroom CCで、カラー、明るさなどを整える。
  11. Google Snapseedで、さらに「タバスコ光画」的に、仕立てる。

Adobe LightroomやGoogle Snapseedの使いかたは、ウェブコーチのものくろさん開催している、iPhone 写真術のワークショップで学べます。

via PressSync 10/100

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。