iPhone 8 Plus を買って、写真家の私が最初にしたこと

シンヤB からのお知らせ

南青山の「ギャラリー晴れ」でのシンヤB 写真ワークショップは、10月4, 5, 7日、12月6, 7, 9日に開催です。申し込みは来週から始まります。

iPhone 8 Plus から True Tone ディスプレイが搭載された。 True Tone は、 iPhone の画面にかかっている光の色温度を測定して、スクリーンの色合いと明度を調整する機能。

気づいていないかもしれないが、蛍光灯の下で iPhone を見ると蛍光灯の光の色が写り込んでしまう。その写り込みの色をディスプレイから差し引いて表示することで、いつでも色を一定に見えるようにする機能が、 True Tone だ。

素晴らしい機能だが、写真のリタッチを iPhone でしている私としては、不安にもなる機能だ。スクリーンの色合いが、自動的に変わっていってしまうと思うと恐ろしい。そこで、壁紙の色を判断しやすいニュートラルな状態に設定することにした。下のように、グレーにした。

このニュートラルなグレーの状態にしておくと、色合いに敏感な状態を保てるし、目にも優しく、 True Tone がどう作用しているのかも判断しやすいのではと考えた。今の所、結果は良好だ。ストレスなく使えている。

True Tone も、ストレスなく使えている。家で、 iPhone 7 Plus と一緒に使っていると、7 Plus の方が、より青く見えるので、8 Plus の方がより綺麗に表示されているように感じている。他のブログを読むと、8 Plus の方を黄色ぽく感じる人もいるようだ。

ちょっと、この現象を解説しておくと、RGB(コンピューターやデジカメが表示に使っているカラーモデル・表現法)では、青と黄色は補色(反対色)の関係で、青く見える、黄色く見えるは、B(Blue・青)のチャンネルがどちらかに偏っていることを示している。個体差によって起こっていることも考えられるし、判断する人、場所によって違う可能性も考えられる。ちなみに、青い場合は、黄色を足すことでニュートラルにでき、黄色い場合は、青を足すことでニュートラルにできる。

12月の iPhone 写真術ワークショップのお知らせ。

一眼・ミラーレスでRAW撮影、iPhoneで現像 — 12月17日 (日)

https://smon.doorkeeper.jp/events/66150

iPhoneでRAW撮影・現像 — 12月21日(木)

https://smon.doorkeeper.jp/events/66451

via PressSync

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください