RICOH THETA V、高精細、空間音声記録、高速データ転送なリコー・シータ

RICOH THETA V、高精細、空間音声記録、高速データ転送なリコー・シータが発売になります(九月下旬とのこと)。

スペックをみてみましたが、RICOH THETA Sから、大きい進歩です。素晴らしい。動画については、実際にテストしてからコメントしたいと思いますが、静止画に関しては、高精細、1/25000秒の超高速シャッタースピード、ISO3200への進化! とても嬉しい進歩です。撮影できる幅が大きく変わります。静止画のピクセルサイズは、RICOH THETA Sと変わらずと、画質の向上が大きく期待できる新機種。とても楽しみです。

以下、RICOH THETA Vのポイントをまとめてみました。情報は、リコー社のプレスリリースを参考にしています。

・RICOH THETA Vは、高精細な全天球イメージに

新型イメージセンサー、露出精度やホワイトバランスのアルゴリズムも一新、メインプロセッサーはクアルコム社製に

・RICOH THETA Vは、4K対応動画が可能に

3840×1920で 30fps、動画記録のファイル形式は、H.264とH.265が可能

・RICOH THETA Vは、360°空間音声記録

カメラ本体に 360°空間音声記録に対応した 4chマイクを内蔵。さらに、専用アクセサリー「3D マイクロフォン TA-1」(別売)が発売。

・RICOH THETA Vは、さらなる高速データ転送を実現、従来機種の最大約 2.5 倍

・RICOH THETA Vは、Bluetooth 、Wi-Fi デュアル通信

・RICOH THETA Vで、4K 360°ライブストリーミングが可能に

・RICOH THETA Vは、1/25000 秒で撮影可能

・RICOH THETA Vは、ISO3200 (静止画)、ISO6400 (動画)に

・RICOH THETA Vは、19GB の大容量メモリー

・RICOH THETA Vは、GoogleのStreet View mobile ready に認定、オート撮影モードが使えるように

・水中ハウジングケース(別売)で、水深 30mまでの水中撮影が可能! ハウジングケースは、RICOH THETA S、RICOH THETA SCでも使用可能

・RICOH THETA Vは、リモート再生機能が可能

カメラ内に記録した 360°の静止画、動画データを 1280×720 サイズで転送、ミラーリング再生することで、大型ディスプレイやプロジェクターなどで楽しめる

・プラグインによる機能追加(Android ベースのオペレーティングシステム!)
・機能拡張による将来的なアップデート

さらに、情報があれば、追記しょうと思っています。

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください