iPhone撮影・aceyoon Lightning 変換ケーブル 2 in 1:iPhone写真術レッスン

(プロセス)

iPhone 7 Plusで「ブツ取り(商品撮影)」をするときに、充電とシャッターリリースの両方が、ライトニングから同時にできると便利かもと思い、「ライトニングポート」を「ライトニングポート+オーディオジャック」に分配(変換)する 2 in 1 ケーブル「aceyoon Lightningイヤホン 変換ケーブル 最新 iOS11 / iOS10.3.X 全て対応 アルミ合金製 高放熱性 安定アップ for iPhone7 イヤホン ジャック アダプタ 2 in 1 ライトニングポート 8pin + オーディオ ジャック Lightning Port 音楽再生 急速充電」を購入した。上記の製品名は、アマゾンへの登録名、、 正式名はよく分からない。aceyoon社のサイトにもいってみたが、この商品は登録がされていなかった。

(ロジ)

買うときに確認したいのは、秋にリリースされる予定のOS、iOS11への対応が明記されいるかどうか。この製品は、iOS11対応と書いてあったが、それでも、届いてテストするまで、iOS10でも動くか不安だったこともあり、ブログに書いておくことにした。

Lightning 変換ケーブル 2 in 1 ライトニングとオーディオに分配

aceyoon Lightning 変換ケーブル 2 in 1アマゾンから到着し袋からだすと、このようなパッケージに入っている。袋の上の部分は、ジッパーになっている。

aceyoon Lightning 変換ケーブル 2 in 1

テストを始めた時に、差し込んでしばらくしたら、対応していませんとアラートがでて、ダメか、、と諦めそうになったが、しつこくなんどか試したら認識された。なぜ最初は、うまく認識されなかったのかわからないが、その後は、無事に動いている。

この商品は、本来は、音楽を聴きながら充電したい人に向けたものなのだろう。私は、ブツ撮りなどで、シャッターリリースと充電の両方を同時におこないたいときに利用する予定だが、使っていく上で気になることして。

  1. どれぐらい耐久性があるのか(製品の持ちの長さ)
  2. 長く使用しても熱くなったりしないか
  3. 失くさないか

が気になっている。なにか進展があったら追記予定。下の写真は、上の写真を撮影している様子。シャッターリリースと、iPhoneフォルダーは、100均で購入したもの。ちなみに、変換ケーブルと呼ばれているが、分配・変換としたほうがわかりやすいのではないかと思う。英語では、こういう形態のものは、splitter(スプリッター)と呼ばれる。

Shinya Bさん(@shinyabw)がシェアした投稿

iPhone写真術ワークショップのお知らせ:iPhone写真術レッスン
東京と大阪で、iPhone写真術に、本気で取り組みたい方向けの、8時間・講師2名・少人数ワークショップをおこないます。• 写真術—感覚だけでなく、意図的に作りたい• 撮影力—スキルやコンセプトを向上させたい• 補正力—リタッチなど、写真編集を学びたい• 発表力—写真の効果的な見せ方を理解したい• 写真学—分析的進行な...
シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください