デジタルカメラ、1/3段、シャッタースピード、絞り、ISO値の一覧

(プロセス)

大学で教えている一年生の写真の授業で、HDRの演習を一週間する。その中で、学生によっては、ブラケットをする際の「1段」をどう考えればいいのか悩んでいる人がいたので、再度、説明するために、1/3段のシャッタースピード値の一覧が必要になった。

(ロジ)

「Sony α7 II 、シャッタースピード、一覧」のような感じで、ググれば、一覧が見つけられると思ったが、見つからなかったので、自分で制作。私のように探している人がいるかもしれないし、また必要になるかもしれないのでブログにしておくことにした。

デジタルカメラ、1/3段、シャッタースピード値、絞り値、ISO値一覧

赤い字は、フィルム時代に、レンズやカメラに表示されていた標準的な1段単位の値。私は、長い間、Nikon FM2を使っていた。

この一覧を作るにあたり、カメラは、Sony α7 IIを使用、レンズは、Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8を装着し、数値を書き出した。

ちなみに、1段とは「光の量」のことで、1段増やす(シャッタースピードでは遅く)になると光の量が倍になる、1段減らす(シャッタースピードでは早く)になると光の量が半分になるように設定されている。英語で1段は、1 stop(ストップ)という。

 

デジタルカメラの1/3段のシャッタースピード値

BULB, “30, “25, “20, “15,”13, “10, “8, “6, “5, “4, “3.2, “2.5, “2, “1.6, “1.3, “1, “0.8, “0.6, “0.5 (1/2), “0.4, 3*, 4, 5, 6, 8, 10, 13, 15, 20, 25, 30, 40, 50, 60, 80, 100, 125, 160, 200, 250, 320, 400, 500, 640, 800, 1000, 1250, 1600, 2000, 2500, 3200, 4000, 5000, 6400, 8000

*3からは分母の値で、3は、1/3秒となる。

デジタルカメラの1/3段の絞り値

2.8, 3.2, 3.5, 4.0, 4.5, 5.0, 5.6, 6.3, 7.1, 8.0, 9.0, 10, 11, 13, 14, 16, 18, 20, 22

*こうやって書き出してみるといろいろと面白い気づきがある。フィルム時代は、F5.6が真ん中で、標準という呼ばれ方をしていた(たぶん、いまも、光学的にはそうだろう)。機能としては、F2まであれば良いが、F2.8だとバランスが悪い感じがしてくるし、逆に、案外、F8.0を真ん中と考える方が、被写界深度的には良い可能性もある。

デジタルカメラの1/3段のISO値

50, 64, 80, 100, 125, 160, 200, 250, 320, 400, 500 640, 800, 1000, 1250, 1600, 2000, 2500, 3200, 4000, 5000, 6400, 8000, 10,000, 12,800, 16,000, 20,000, 25,600

*フィルム時代に、一番早いフィルムは、ISO 3200だったと思う。いまでもILFORD DELTA 3200は製造されているようだ。その昔は、ISO 25のフィルムも製造されていたが、いまは製造されていないようだ。

 

A post shared by Shinya B (@shinyabw) on

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください