iPhone・本気・写真術心得:iPhone写真術レッスン

(プロセス)

CP+に続き、写真のワークショップをすることになった。CP+のときと同じように、iPhone写真術ワークショップの内容を先にブログに書いていく。

(ロジ)

これは、私の準備になるのと、参加者の方にとっても、予習、復習になればと思ってのこと。大学で教えていて思うのだが、レッスンのようなものは、先に読んだり、見たりしておいてもらった方がいい。一緒に過ごす時間というのは、ワークショップ形式がよく、できる限り、質問をしてもらったり、一緒に作業をしたり、写真術について対話をする時間にしたい。第1章は、「iPhone写真術心得」について。

iPhone写真術心得 三か条 (シンヤBによる)

いろいろな人が、いろいろな写真術習得論のようなものを持っているとおもうが、私のは、こんな感じである。

写真術心得1

自分に合った写真術を見つけること

自分自身で自分に合っている写真の撮り方を見つけるのが、一つの課題となる。これは時間がかかることなので、焦らないでほしいが、私が、iPhone写真術レッスンで書いている内容は、私(シンヤB)にとっては最適であったという可能性を含んでいる。つまり、最初は書いてある通りでも良いが、できれば、だんだんと自分に合った撮り方に変えていく思考・行動が必要である。

写真術心得2

批判的思考を習得すること

写真が上手くなる過程で欠かせないのが、分析的進行(アナリティカル・プロセス Analytical Process)だ。分析的進行を積み重ねていくことで、経験が深まり、知見となっていく。知見と分析的進行を使い、課題となる事柄を洗い出し、最適な方向性へ進んでいくための思考方法が、批判的思考(クリティカル・シンキング Critical Thinking)である。

写真術心得3

いつでも写真について考えること

できれば、毎日、写真を撮ってもらいたい。できれば、毎日、写真をプリントしてもらいたい。できれば、毎日、写真をSNSにポストしてもらいたい。という気持ちだ。

意図的に休む、意図的に撮らないということは考えられる。しかし、それ以外では、できれば、毎日、10分でいいから、写真について考えていく必要がある。結局、それには、一枚でいいから、毎日、写真を撮ることが、一番簡単な方法になってくると考える。

フランス代表する写真家、アンリ・カルティエ=ブレッソンさんが残した、私の好きな名言がある。

Vos 10 000 premières photographies seront les pires.(あなたの最初の1万枚は、最悪の写真だ / Your first 10,000 photographs are your worst.)

若い頃は、この意味が分からなかったが、いまは、すごく良くわかる気がする。ということで、みなさんも、最初の1万枚を早く超えられるように、頑張ってみましょう!という気持ちなのです。

(しかし、こうやって書くと、この心得は、そのままブログにもあてはまるなーと思ったり、、)

iPhone写真術ワークショップのお知らせ:iPhone写真術レッスン
東京と大阪で、iPhone写真術に、本気で取り組みたい方向けの、8時間・講師2名・少人数ワークショップをおこないます。• 写真術—感覚だけでなく、意図的に作りたい• 撮影力—スキルやコンセプトを向上させたい• 補正力—リタッチなど、写真編集を学びたい• 発表力—写真の効果的な見せ方を理解したい• 写真学—分析的進行な...

via PressSync

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

2件のコメント

  1. 今からとても楽しみにしています。
    一万枚ですね。
    心に留めます。ブレッソンが好きなのに、この言葉をしりませんでした。

    1. ありがとうございます。こちらも楽しみにしております! ブレッソンの言葉、この先もでてくる予定です。写真だけでなく、発言も、ウィットに富んだ写真家だったんだなーと再発見中です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください