シンヤB式 iPhone 7 Plus での写真撮影

私のブログコーチ、ものくろさんから、iPhone 7 Plusで撮影の際のコツを聞かれたので、中間報告的に書いておく。

Shinya Bさん(@shinyabw)がシェアした投稿

  1. 撮影は、純正のカメラアプリで、「写真」モード、「2X(望遠レンズ)」にて、(なるべく)白がとばないように撮影。明るい部分を「タッチ」することで、露出を、ある程度コントロールできる。
  2. リタッチは、SnapseedとInstaflash Proを両方、使う。今のところ、以下のようなフロー。Snapseed: 1. 画像調整(明るく整える)、2. 切り抜き。Instaflash Pro: 1. 照明EQ、2. トーンEQ、3. バイブランス。Snapseed: 1. 周辺減光、2. ホワイトバランス、3. カーブ
  3. こうやって書き出してみると、画質効率が悪そうな順番だが、実際、作業してみると、このフローが作業しやすい。画質より、効率を優先しているフローなのだろう。テストしてみると、撮影は、純正アプリの方が画質が良いと思えたが、理由は分からない。手ブレが気になる場合は、連写を使い、ブレていない一枚を選んで使う。

via PressSync

シンヤB
アーティスト、教育者、ドラマトゥルク。詳しくは、プロフィールをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA