iPhone での英語の句読点の管理、html 引用符の入力の仕方

2019/02/14

リサーチの関係でとある WordPress のメディアのサイトの保守をしているのですが、所属する投稿者 (記者) の方から、リンクが上手く貼れないと連絡があり、コードを見てみると、クォーテーションマーク (句読点) の一つが「スマート・クォテーション (曲線型)」になっていました。

スマートクォテーションは、カールしている斜めになっているクォテーション。もともとは印刷などで使われていたものですが、いまでは iPhone でも利用できます。しかし、句読点が「スマート」だと html の引用符としては機能しません。

つまり href のリンクとして設定したものが html のコードとして動かないのです。

上が普通のクォテーション、下の二つがスマートクォテーション

下のコードは引用符の終わり (閉じ) がカーリー (スマート) になってしまっているので html として機能しない。

<a href="https://www.sample.com/contact.html”>

下のコードは開きも閉じもカーリーではない直線型ので、html として機能する。

<a href="https://www.sample.com/contact.html">

余談ですが、私のように老眼が進んできている人は、iPhone 上でこれを見極めるのがだんだん難しくなってきます。しかし安心して下さい。私が使っている方法であれば、意図的に英語の句読点を入力することができます。

iPhone スマート句読点をオフにする方法

ありがたいことに (苦笑、iPhone は、句読点を自動でカーリー (スマートは英語圏では、カーリーと呼ばれる) に変換してくれます。「スマート句読点」と呼ばれる機能です。知っている人も多いと思いますが、「スマート句読点」は「設定>一般>キーボード」でオフにできます。

iPhoneの「スマート句読点」は「設定>一般>キーボード」でオフにできる

しかし、iPhoneで「スマート句読点」をオフにすると、文章の中でスマートクォテーションを使いたい場合に困ります。

そのような状況になる人は少ないかもしれませんが、英語のサイトを作ることがあれば必要になってくると思います。さて、その場合、執筆中に設定に戻って「スマート句読点」をオンにするのは、ちょっと面倒です。

iPhone 英語入力モード上でキャラクターの変換をする方法

英語入力モード上でキャラクターの変換する方法があります。それは、「”」キーの長押しです。長押しすると、日本語のように変換の候補が表示されます。この方法は「スマート句読点」がオンの状態でも使えます。

つまり「スマート句読点」をオフにしていなくても、スマートでないクォテーション (句読点) が必要になったら、キーの長押しで変換すれば良いのです。日本だと、この方法を知らない人が多いのではないかと思ったのでブログに書いてみました。

iPhone 英語入力モードでキーを長押しすると変換候補が表示される

おまけに wikipedia の句読点のページへのリンクも貼っておきます。

最近のシンヤBのブログ

2019/02/14

毎日、ブログを書ける体制 (というかマインド) が整ってきているので、毎日、書けると思うのですが、昨日は書けなかった。理由の一つは罪悪感ですね。他の仕事より優先してブログを書いていいのかという気持ち。組織にも所属しているし、他の人とと仕事もしているので、普通の感覚なのだとは思います。ただ、そういうことをぜんぶ取り外して、一心不乱にブログ書いたらどんな世界が待っているのかも気になるところ。いまとはぜんぜん違うところに行ける気がするので。

Japanese Ginkgo Leaves, 2014 by Shinya B

写真展に新しい作品を足さないと。大学の移転の準備も進めないと。学生とのアドバインジングや、クラスの採点も進めないと。アート学科のクラスのスケジュールの見直しも進めないと。WordPress の勉強も進めないと。自宅の断捨離も進めないと。ブログ以外にもいろいろとすることありますね。

そうそう、写真展の中間報告のブログも書かないと。

昨日、今日、瞑想もできないですね。

明日の打ち合わせの資料もまとめないとなー。

なんだか普通のブログになった。(普通ってなに? 笑)

サイトのデザインを少し調整

2019/02/12

リサーチの関係でとある WordPress のサイトの保守をしていて、昨日、作業をしていたら、自分のこのサイトにも手を入れたくなったので、少し作業をした。

変更点は、以下。(ハイライトを使っているのはテストのため)

こんな感じ、、といっても上にも同じようにでてるはずなんだけど、、
  • single (単一のポスト) のページに、記事を制作した日と最後に編集した日の両方がでるようにした。そしてトップページでは制作した日だけになるように調整。書式も一新し統一。これらは php を編集。
  • テーマの翻訳で気にいらないところがあったので、自分の翻訳ファイルを作り、オフィシャルの mo, po ファイルと入れ替えた。
  • h1, h2 のデザインを調整。シンプルに。さらに編集画面でも同じように見えるように調整。

自分が使っているテーマの css を見ていたら、ぜんぶに手をいれたくなってきた、、そろそろ最初からデザインするべきなのだろうか、、 ただデザインは気にいっているので、文字関係だけ調整すればいいという気もする。

デザインより、自分のブログを KUSANAGI の環境で走らせたいというのと、カスタム・フィールドを使いこなせるようになりたいので、まずはそれらからになりそうな気もする。

彼氏が写真家でした

2019/02/09

彼氏が写真家でした

ここに書きたくなるくらい恥ずかしいデートでした

薄暗い中古カメラ屋に入るし
ほこりかぶってる期限切れのフィルム買うし
おしゃれなカフェでレンズの掃除するし

同じ写真を何枚も何枚も撮るとかないですよね
しかもズームレンズは使いたくないとか、「何様だよ」って感じですw

あたし何かおかしいこと言ってますか?
普通の感覚ですよね?

Twitter でこの大喜利がはやっているとのことで、私も「写真家」バージョンを書いてみました。私が最初に目にした記事はこちら。

「彼氏がタントでした。死にたいくらい恥ずかしくて惨めな思いのデートでした。」というヤフー知恵袋に寄せられた元ネタを改変したネタでTwitterが大喜利合戦となり盛り上がっています。

私が Facebook でシェアしたところ、他のブロガー仲間も書いてくれました。どもれもとても面白いので紹介します。

Twitterで局地的にこの大喜利が流行っていたらしいので、出遅れたが、せっかくなのでやってみた。 元ネタはこ…
Twitterで大喜利合戦となり盛り上がっている「彼氏が○○でした」をやってみます! こちらが元ネタ。 彼氏が…

管理画面のサイドバーを書き直したついでに、メディアライブラリもカスタマイズ

2019/02/07

WordPress よもやま話 翻訳者、なんだか気分がのらないので、管理画面のサイドバーを書き直してしまう (爆

Shinya B Watanabeさんの投稿 2019年2月7日木曜日

管理画面だけでなく、メディアライブラリも使いにくいと思っている部分があったのでカスタマイズした。

私は画像があると楽にブログを書けるので、画像をいかに簡単にワードプレスに取り込むかというのがブログをなみなみに生み出していく際のポイントになる。つまり、画像のアップロードはなるべく簡単でないと、ブログが書けなくなってしまう。

いろいろ試した結果、一つ一つ自分で圧縮率とピクセルサイズを管理するより、プラグインで管理し自動化した方が良いと気づき、その方法で投稿するようになった。

サイズも画質も画像はプラグインにお任せなのだが、そうなると、どれぐらいプラグインが圧縮しているか、ファイルサイズ (最大値)、ピクセルサイズ (最大値)、ファイル名 (いろんな端末からそのまま放り込んでいるので、、) などが気になってくる。そこで、ライブラリにて、それらの情報が簡単に見れるようにカスタマイズしてみた。

これで、ますますなみなみブログライフが向上していくだろう。

Kunoichi のパブリックベータ記念のプレゼントキャンペーンが始まったので応募してみた

2019/02/07

WordPress のコミュニティでお世話になっている作家の高橋文樹さんが Facebook に以下の投稿をしました。

いま新会社KUNOICHIでプレゼントキャンペーンをやっているので、WordPressのロゴ入りモレスキンなどが欲しい方は申し込んでください。2/28まで!

高橋 文樹さんの投稿 2019年2月4日月曜日

これは凄いとページに行ってみると、以下のようなプレゼントが! とっても豪華なプレゼント、ナイス。どれも欲しい (笑

さっそく会員登録してプレゼントに申し込んでみました。Kunoichiとは、どんなサービスなんでしょうか、、

KunoichiはWordPressのための新しいマーケットプレースです。
テーマやプラグインの制作者がエコシステムの中で活躍できる環境を目指します。

https://kunoichiwp.com/

とのこと。これからが楽しみですね。プレゼントキャンペーンは2019年2月28日までです。

毎日ブログをなみなみ書くようになったら WordPress の管理画面が気になってきたので、カスタマイズしてしまいました (ごめんなさい)

2019/02/07

WordPress の翻訳コントリビュートをしている関係で、管理画面はデフォルトのまま使っていたんですが、毎日なみなみにブログを書くようになったら、翻訳や表示が気になるようになったので、自分が楽なようにカスタマイズしてしまいました、、 ごめんなさい (だれに謝ってんでしょうか、わたし)

さて、翻訳をしていると、前後の繋がりとか使いやすさとか表示のされ方とかが気になるので、管理画面はデフォルトで使っていました。そうしておかないと、自分だけのセッティングに依存することになって、翻訳するときにいろいろと分からなくなってしまうと思っていたんです。

しかし、たくさん書くようになったら不便に感じるようになったので、、ざっくりと自分の使いやすいように変えてしまいました。

以下のような変更をしました。

「投稿」をポストへ。投稿は名訳と思いますが、動詞にもなってしまうところが嫌でした。つまり、投稿を投稿する、という感覚になるのが嫌だったのです。翻訳業を長くしていた職業病かもしれませんね。元の英文は、Posts ですので、私のワードプレスでは「ポスト」としました。

「固定ページ」をページへ。固定ページも分かりやすく名訳と思いますが、元の英語は、Pagesですので、私のワードプレスでは、簡素に「ページ」としました。

「コメント」は非表示に。コメントの機能を使っていないので表示しないようにしました。

サイドバーで英語の表示になっているものはカタカタにし、自分がよく使うと思われる機能を考えながら順番とグループを作りました。

サイドバーのサブメニューも気になるところはぜんぶ変えました。とてもスッキリしたと思います。

ありがとう!(だれに感謝?)

あ、そうそう、右上の自分の名前が出るところは、「なみなみブロガー シンヤB でログイン中」としました (笑

PayPal で思い出せない支払いが、なにかと見たら Capital P でした

2019/02/07

PayPal で分からない支払いがあったので、リンクに飛んでみると。この画面が!

Club Capital P の年会費でした。

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumr …

そうかー、もう一年たったんだとなんとも感慨深い気持ちに。そこで、この一年間の Club Capital P に参加した感想を書いておこうと思います。

Slack での情報が豊富。

一見、ただの雑談に見えるのですが、海外の WordPress 事情の話なども多く、参考にもなるしエキサイティングだと思っています。

新しい記事がすぐに分かる。

新しい記事が投稿されるとSlackに通知がくるのは便利。

寄稿できる。

二度ほど書こうとしましたが、途中で断念。1つは、WordBench の話し、もう1つは、Gutenberg の話し。今年は一回ぐらい寄稿したいと思っています。

Podcastとか、会員向けのコンテンツとかあります。

実は、Podcast はまだ一度も見ていません。会員向けコンテンツは、私にはハードルが高いことも多いです。

Capital P との新しい一年が始まりました。昨年はグーテンベルク関連の情報が大変参考になりました。Before Gutenberg はとても良い連載でした。これからもよろしくお願いします。

WordPress Classic Editor プラグインが1.5に、翻訳もアップデート

2019/02/07

先日、WordPress の公式プラグイン Classic Editor が1.5になった。新しく翻訳する部分があったので対応した。記録的に、翻訳の内容を掲載しておこうと思う。いろいろと直したいところがあるのだが、Classic Editor は、まだドキュメンテーションの方の翻訳が終わっていないので、その部分を先に翻訳してからと思っている。

管理画面に出る「編集 (ブロックエディター)」「編集 (旧エディター)」ちょっと長いが、iPhone や iPad から操作すると少し長い方が押しやすいというこもあり、とりあえずは、この長い形で雰囲気をみたいと思っている。