太平洋から、愛をこめて

CQCQ 飛行機に乗りました。本日から、アメリカに出張です。大学は、学期末の採点中でして、昨夜は、3時間睡眠。つきましては、パッキングは、1時間。

さて、困りました。JALにのったら、どうもネット繋がるようです。えー、聞いてないよ。仕事できちゃうw

“太平洋から、愛をこめて” の続きを読む

あまりにも仕事に集中していると、ブログ書くのを忘れてしまう

そんな日は、なんとかお昼ぐらいはと、シローさんのお店に食べにきた。ちなみに、この写真をもって、iPhone7 Plusのカメラの使い方を習得した気がするので、Sony RX1は、しばらく持ち歩かないことにする。念のため、RX1がiPhone7 Plusより劣っているという意味ではありません。これについては、少しiPhone7 Plusで撮ってから、ブログに書こうと思います。

それは、あからさまに「天才」だった彼が、商業的な成功をおさめなかったからではないか。

2017年4月16日の日曜日に、ギターリストのアラン・ホールズワースさんが亡くなった。カルフォルニアの地元で、10日の月曜日にライブをしていたから、突然のこと。

実は、7月には、ニューヨークでのライブも予定されていて、チケットも発売になっていた。その流れで、秋に日本にくるんじゃないかと期待していたのだが、叶わなかった。

私は、2度、彼の演奏を見ている。1984年の東京と、1992年のフィラデルフィア。フィラデルフィアの時は、彼と少し話すこともできて、写真も撮らせてもらった。その後も東京のピットインなどで公演があったのだが、スケジュールが合わなくて行けていない。

“それは、あからさまに「天才」だった彼が、商業的な成功をおさめなかったからではないか。” の続きを読む

日記界のビートニクをきどっていた僕達も無事ではいられなかった。

Facebookによると、5年前の今日、4月20日は、てぃーたちさんと、現代ハイツギャラリーでトークイベントをしたとのこと。そのときの告知文章が、自分のFeedにあがってきた。懐かしい!

「とってもむかしむかし、インターネットという言葉がまだまったく民衆に理解されていなかった頃、、、『立花岳志』さんと僕は、後に僕が『日記猿人』というインターネットサービスを始めるきっかけになる、ばうわうと名乗る人物に誘われオフラインミィーティングを行った。

このページを書いたのが立花さんで、『せんべい』というのが、僕。

July 24, 1996 (1996年7月24日) Web Entry by Takeshi Tachibana (立花岳志)

Shinya B Watanabeさんの投稿 2011年2月18日


僕達は、インターネットの中でもっとも放牧的と呼ばれていた《日記界》の端の方に属し、シューゲィザーを聞きながらバーボンを飲み、〈意味不明な日記〉とカテゴライズされるモノを日々Webに綴っていたが、、、日記界が『630事件』を発端に、戦国時代に突入。日記界のビートニクをきどっていた僕達も無事ではいられなかった。

立花さんと、せんべいと呼ばれていた僕は、このページにも出てくる。

インターネットの歴史 1996年

後に、この日記界は、想像を美しいコードとして吐き出せる人々の努力で『blog』に発展、そして、米国ネット界出世頭マークにより『Facebook』へと拡張されていくことになるが、15年以上前、日記界に属していたナイーブな僕には、それらの未来を予測は出来ても、インターネット上で、いつかそのようなものが本当に実装される日が来るとは信じられなかった。

日記猿人』by さとなおさん。このページに出てくる『思うこと』というのが立花さんの日記。

そして、15年以上の時間が経った2011年、、立花さんは会社員人生にピリオドを打ち、プロのブロガーとしての暮らしを始めた。時同じくして、写真を撮らない写真の先生であった僕は、iPhone4を購入し、iPhone/Facebook写真家への道を歩き始めた。

2012年、5月末、立花さんは、デビュー作の書籍が出版になる。せんべいも、全ての作品がFacebookでシェアする為にiPhoneで撮影されたデビュー写真集を出版する予定。

そんな二人のトークイベントです。

桜の森の満開の下にオヤジさんを想う、、」


Photo: Kumi Morota

うーん。僕の写真集は、まだでてないなー。作らないと!! なんだか、これは、良いきっかけをもらった気分。

当時のイベントページは、こちら

via PressSync

効率が悪い日

今日は、効率が悪い日だ。何が効率を悪くしたのか、少し解析したいので、メモしてみる。

朝、二度寝をした。昨日に続け2日目。昨日は、23:30に寝て、今日は、6:00に目が覚めたので、8:30まで二度寝。

瞑想はしなかった。

返事を待っていたメールが、7通ほど同時に届いた。来週からの出張に関するもので、全てを読んでからでないと、どれにも返事が書けない。これが複雑なタスクとなっていった。

自転車で通勤したかったが、愛方さんが弁当を作ってくれていたので、もうしばらく仕事をして、タクシーで通勤。

仕事場に着いて、10時に海外からの面会が入っていたが、いらっしゃらなかったので、先方のメールの資料に目を通して、返事を書いた。

ラボにいき、質問に答えながら、朝のメールの返事を進めながら、仕事。今日は、期末前の作業日で、授業はない。

11:30から会議。90分。

愛方さんのお弁当を食べる。茂木ちゃんのパンを使ったサンドウィッチ。美味しかった。

ラボに戻り、質問に答えながら、朝のメールの返事を進めながら、仕事。

効率が悪いと感じ始め、煮詰まってきたので、アメリカの出張で必要なSIMのリサーチを始める。これは、別のブログに書こう。

15:00から会議。30分。

ラボに戻り、質問に答えながら、朝のメールの返事を進めながら、仕事をしていると、ゼミのメンバーがラボにきたので、いろいろ話しながら、ポートフォリオ作業。

20:40からヨガ。

ヨガの後、1時間、さらにノマド。

23:15に帰宅。家でごはん。

0:30、まだ、全てのメールの返事が書けてない。

via PressSync

意識と無意識のはざま その2

そこで、私は、アイディアや問題の解決策が浮かんでくる状況を覚えておくようにした。集中して作業している時もアイディアは浮かんでいるのだが、それらは、私が求めている閃きの質とは違うと感じていた。

そして、状況は、2つに絞られる。シャワーを浴びているときと、目覚める瞬間の2つ。

授業でも、こういう話はしていて、発想のきっかけとなるイベントをトリガー(引き金)と呼んでいる。聞いてみると、いくつかパターンがあるようで、私のトリガーは、朝のシャワー。

しかし、目覚める瞬間に関しては、自分では、イベントとしてコントロールできるとは思えず、トリガーとは考えていなかった。

朝のシャワーがトリガーと分かってからは、夜に、無理やりアイディアを練るというようなことはしなくなった。早めに寝て、朝に備える方が有効と割り切れるようになったのだ。この気づきは、後々の、私の生活スタイルを大きく変えていくことになる。

(つづく)

via PressSync

意識と無意識のはざま その1

アイディアは、どこからやってくるのか? 閃き(ひらめき)は、どこからあらわれるのか?

目に見えないし、人間の内側で起こることなので、はっきり解明はできないだろうが、こんなメカニズムではないかと推測していた。

私たちのマインド(心、精神)には、意識できる領域と意識できない領域がある。意識していなかったものがあらわれるのだから、アイディアは、意識できない領域にあったと、まずは仮定できるだろう。

そして、私の最初の問いは、もし、アイディアが、マインドの中の意識できない領域(無意識、潜在意識、サブコンシャスなどと呼ばれる)からあらわれるのであれば、それは、どのような条件の時なのか?であった。

(つづく)

via PressSync

ヨガのこと、239日目。

今日、スタジオで、先生から、毎日ヨガ、続いているんですか?と聞かれ。はい、ゆるく続けてますと答えたら。どんな体の変化を感じてますか?と、さらに質問を受けた。

答えるのに困ってしまった。実は、最近、あんまり体の変化を感じていないのだ。瞑想のことが気になっているのと。お腹を忘れていたので、お腹を使うようにしているのと。スケジュールが詰まっているので、続けるので精一杯というところ。

ただ、一つだけ言えることはある。それは、継続は、勇気をくれる、ということ。明日も必ずやってくる、という事実を教えてくれる。友人で、毎日、走っている人がいるが、きっと同じような理由だろう。

via PressSync

セラーにある、開けられないボトル

誕生月ということもあり、週末にワインを持っていくイベントが続けてあるので、セラーの整理をした。

だいぶ前だが、はすみファームのニックのワインの会が、三茶の「愛と胃袋」であって、その時、二次会にて、初対面の三田さんから、「セラーに入っている、開けることの出来ないボトルは?」と聞かれたことがある。その時、この二本が思い浮かんだのだが、何だか恥ずかしい気持ちがして言えなかった。

先日、ダイヤモンド酒造のYさんと、岩の原の坂田さんと話した時に、2009年のワインの話になった。そのときも、自分の開けられないワインについて思い出していたのだった。

私は、10年程、西麻布に住んでいたのだが、「インコ」というビストロがあって、そこで、このワインを飲み、それが、日本ワインマジで面白いかもと思うきっかけになったワイン。

この2本は、きっと開けられないから、チランが嫁に行く時に、T嶋さんと開けることとしょう。

via PressSync

50歳になったので、目標を10個書いてみた

50歳になったので、目標を10個書いてみた

1. モンゴルに遊牧民に会いにいく

50年生きてみて、影響を受けた場所や人々を考えてみると、モンゴルの遊牧民がいる。たまたま、私は、モンゴルの遊牧民と馬で旅したことがあって、いまでも、あのときのことをよく思いだす。また訪ねてみたいと思い出した。

2. 瞑想を深める

アサナが落ち着いてきたので、次は、瞑想を深めたいと思っている。

3. アナサ(ヨガ)を続ける

これは、書く必要もないくらい、毎日、続けるようになったのだが、一応、書いておこう

4. ブログ 1年730記事目標

これは、一番、実現できていないことがら。本当は、1500記事とかにしたいのだが、達成できないことを書くのもと思い、、

5. 360度カメラと、35mmの白黒の両立

ずいぶんと、360度カメラに時間を使ってきたけれど、もともとの専門であった白黒写真にも時間を使いたいと思っている。

6. 1日1~2食で、腹6分

そろそろ、食事の量を減らしていきたい。腹6分を目標だと良いのだろう。

7. お酒は、木、金、土だけにする

そろそろ、お酒の量も減らしていこうと思っている。これは、自分の脳の生産性的なことが強い。

8. 冷たいものを飲まない(これは実現したい、そうなると、ビールとシャンパンも飲めないなー)

健康的には、これを実施したい。日本はなかなかハードルが高い。なんでも氷が入っている。コニビニも冷たい水しか売ってない。

9. 糖分をとらない(これは、チョコレートを断てば、実現できる)

チョコレート好きなんだよなーw

10. 定期的な断食

この2年ほど、断食に行きたいと思っていて、実現できていないので、断食にいきたい。

なんだか、健康的なことばかり書いてあるなーw